2019冬ドラマ トレース

トレース2話虎丸絶体絶命のピンチ?真野が見つけた真実の欠片が切ない

更新日:

トレース2話虎丸絶体絶命のピンチ?真野が見つけた真実の欠片が悲しい

1月14日月曜日夜9時から15分拡大で放送されるトレース2話、今回はどういったお話になるのでしょうか?

ノンナはハードな科捜研の仕事に辞めたいと弱音をこぼしていましたが・・?

スポンサーリンク

トレース2話あらすじ

トレース1話が重くてしんどい?リアルでエグい不評続出?

科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸亮)と沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から、東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼されます。

事件が起きたのは、真田の教授就任を祝うパーティー。席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見したのです。

そのとき有里は、現場から逃走する男の姿を目撃。亡くなった真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていました。これらの状況から警察は、犯人は真田にナイフを突きつけた際、抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えます。

そして、防犯カメラの映像から逃げた男を特定、被疑者の宮永渉(篠原篤)を拘束していました。現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。

しかし、照合の結果は不一致…。虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させると叱責(しっせき)されますが、虎丸はそれでも犯人は宮永だと主張。真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直します。

しかし、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまい…。
引用:Yahooテレビ 

トレース科捜研の男2話の無料動画配信!1月14日見逃しフル視聴はコチラ!

トレース2話ネタバレ!真野が見つけた真実の欠片が切ない

スポンサーリンク

真野礼二(錦戸亮)と沢口ノンナ(新木優子)の元に虎丸良平(船越英一郎)がある事件のDNA鑑定を依頼してきた。

事件が起きたのは、東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)の教授就任を祝うパーティーでのこと。

パーティーの最中で席を外した真田が中々戻ってこず、心配になって探し回ってた娘の有里(関めぐみ)が控室のバルコニーから転落死している真田を発見。

有里は、その時男が逃げていくとこを目撃し虎丸達は捜査を始めた。

真田の首には刃物で切りつけられた跡があり、バルコニーの手すりから真田の靴跡が見つかり恐らく真田は犯人から逃れようと手すりに登ったが、そこで犯人に落とされ転落死したのではないかと推測された。

警察は、防犯カメラの映像を確認し宮永渉(篠原篤)を拘束した。

現場から採取した血液と宮永のDNAを鑑定してほしいと虎丸は、礼二とノンナに依頼してきた。

虎丸、絶体絶命のピンチ!?

だが現場に残っていた血液と宮永のDNAは、一致せず宮永は誤認逮捕されたとマスコミに流れ虎丸は捜査一課長に「一週間以内に犯人を逮捕出来なければあなたの班は、解散だ」と告げられた。

そして虎丸は、礼二とノンナを連れて殺害現場へ行き宮永が犯人だとなる証拠を見つけろと指示。

だが礼二は、真田が手すりに登った際に出来た靴跡がどうしても気になり1人バルコニーで調べていると虎丸に宮永が犯人だという証拠を見つけろと怒鳴られる。

すると突然ノンナが倒れ、ノンナは有里が働く病院に搬送され貧血だと診断された。

警察は、宮永を見張っていたが取り逃がしその後も宮永の足取りは掴めず何の手掛かりもなかった。

虎丸は、班が解散させられるというのもあって焦りを感じ公安を頼った。

真実の欠片が悲しい

すると新たに犯人だと思われる人物が浮上し、取り調べを行うがその人物はパーティーにも出席していなければ体に傷一つなく、犯人ではないと考えられた。

虎丸は、その人物の鑑定をもう一度してほしいとお願いしに来たがその時礼二は、ある手掛かりを見つけていた。

真田が持っていた折り鶴をもう一度確認すると、そこには中原と記されていた。

礼二は、宮永が怪我をした際に立ち寄った場所の足取りを確認したいと虎丸にお願いし、調べると宮永は薬局へ立ち寄っていてそこで血液がついた小銭を発見した。

そして虎丸は、無断で宮永の家へ行き宮永は骨髄移植を受けていた事が確認される。調べていくと宮永は、骨髄移植を受けていてそのせいで現場で採取した血液と宮永のDNAが不一致だったと推測された。

宮永が骨髄移植で入院中、中原という女子高生が何度もお見舞いに来ていてたが、ある日病院へ向かう最中に事故にあい、中原は脳死と診断され亡くなった。

真田が持っていた折り鶴は中原が宮永に折ってあげていた折り鶴で、事故にあった時に血に染まったものだった。

中原の手術を担当したのは真田で真田は、心臓が弱かった有里を救う為にたまたまドナー登録をしていた中原を脳死させてしまった。

ドナーの順番を待っていたが有里の状態が良くなく真田は焦りから中原に筋弛緩剤を投与し脳死させていた。

トレース 第2話 感想

スポンサーリンク

今回の2話は、ストーリーは中々よかったと思います。

良い父であり良い医者だった父がなぜ殺されなければいけなかったのか、娘は父に何があったのか真相が知りたいと願っていた。

こういうのって大抵最後は、悲しい結末なんですよね。

真実を知らない方がよかったのではないか?と思われるが、遺族からしたら知らないより知った方が悲しさは大きくなるかもしれないが、少しは気が楽になりますよね。

人はなぜ人を殺すのか?なぜ殺すという考えになってしまうのか?

そう考えながらこのドラマを観ていると、面白いと思います。

トレース3話予想

次回の3話では、幼女殺人事件が起きる。

20年前と10年前に幼女殺人事件が起こり、そして今回も同じような手口で9歳の女の子の遺体が発見される。

子供が居る母親からしたら1番観たくないやつですよね。

なぜ自分の子供が殺されなければいけなかったのか、なぜ他の子供ではなく自分の子供だったのか、犯人はなぜその子を狙ったのか、なぜその子を殺したのか。

20年前と10年前に犯人だと思われる人物が浮上したが、証拠不十分の為逮捕は出来なかった。

だが礼二は、今回起きた事件の現場からタバコが検出されDNA鑑定をすると20年前と10年前に浮上した人物と一致した。

果たして事件は解決されるのか?犯人は、なぜ幼女を狙って殺したのか?礼二が見つける真実の欠片に注目ですね。

 

スポンサーリンク

-2019冬ドラマ, トレース
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.