2019冬ドラマ トレース

トレース最終回千原ジュニアがサイコパスで気持ち悪すぎ!事件の真相は?

投稿日:

トレース最終回千原ジュニアがサイコパスで気持ち悪すぎ!事件の真相は?

トレース最終回は3月18日(月) 放送です。

トレース10話ドーピングに隠された真実!真野の事件も進展?

いよいよトレースも最終回!ようやく礼二の武蔵野一家殺人事件の謎が明らかになりますね! 刑事部長の檀浩輝(千原ジュニア)はどういう風に関わっているのか?!

トレースはFODで観れます

\\トレースを今すぐ観たい方はコチラ//

*この記事の情報は2019年3月19日時点のものです。正確な情報は公式サイトでご確認下さい。

トレース最終回あらすじとネタバレ!

前回、真野礼二(錦戸亮)は姉・仁美(夏子)のお腹の中にいた胎児の絨毛を入手し鑑定をすると不審死を遂げたホームレスの新妻大介(伊藤高史)の現場に落ちていた軍手に付着していた身元不明のDNA型と一致した。

つまり、この身元不明のDNAと仁美のお腹の中に居た胎児は親子である事が分かった。

それと共に礼二の家族を殺した犯人は、仁美のお腹の中に居た胎児の父親である事も分かった。

礼二は、早川(萩原聖人)にこの事を伝え2人は仁美と交際していたのは食品会社社長の佐保優作(袴田吉彦)ではないかと思い、佐保のDNAを入手する為会いに行った。

だがそこで爆発事件が発生し、礼二と早川は爆発が起きたボイラー室へ行くとそこには佐保の遺体があった。

佐保と新妻は、礼二の兄・義一(倉悠貴)をいじめていたグループの主犯だった。

礼二は第一発見者として、捜査に加わる事が出来なかった。

警察内部に協力者?

科捜研に戻り、礼二と沢口ノンナ(新木優子)と虎丸良平(船越英一郎)と海塚律子(小雪)は、これまでの出来事を整理していった。

最初の始まりは、礼二の元に突然知らない男が電話してきた事だった。

25年前の事で話しがあると言われ、待ち合わせ場所へ行くがそこには誰も現れなかった。

そしてその翌日、新妻が遺体で発見された。その後、佐保の事件(前回)が発生した。

25年前に関わっている人物が、立て続けに殺されている。そして25年前の武蔵野一家殺人事件と新妻の事件は、上から打ち切り命令が出されていた。

つまり警察内部にもこの事件に関わった人物が居るという事。

そこで礼二は、虎丸に佐保の殺害現場に臨場させてほしいとお願いした。

スポンサーリンク

胎児の父親は壇浩輝(千原ジュニア)?

すると虎丸は、礼二に佐保の心臓血を渡しまずは親子鑑定だと言って礼二とノンナは鑑定を始めた。

だが仁美のお腹の中にいた胎児と佐保は、親子ではなかった。

その後、礼二とノンナは佐保の殺害現場へ臨場し調べるとガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を見つけた。

佐保は、事故ではなく他殺であると分かり礼二とノンナは急いで鑑定を始めた。

この手袋の持ち主だと思われる人物の皮膚片から採取したDNA型は、礼二の家族を殺した犯人と同一人物である事が分かった。

つまり仁美のお腹の中にいた胎児の父親。

礼二達は、まずは仁美が交際していたと思われる人物を探そうと仁美が通っていた高校や塾など、片っ端から調べた。

するとそこから他校の男性と2人で会っていたところを目撃したという証言を掴み、その高校から25年前の卒業アルバムを借りた。

この卒業アルバムに映った人物を片っ端から連絡し、話しを聞いていくと礼二はある人物を見つけてしまった。

その高校に通っていた人物は、何と警視庁刑事部長・壇浩輝(千原ジュニア)だった。

トレースで千原ジュニアの高校生役の演技が怖い! 高山綾平プロフィール

虎丸は、壇の父親は武蔵野一家殺人事件が起きた当時警視総監だったと言い壇も今は刑事部長。となれば事件の真実を見つける事が出来ても結局握り潰されるだけ、手も足も出ないぞと言った。

妊娠3ヶ月

そして礼二は、早川に会い佐保の事などを報告していると早川は「妊娠3ヶ月という事は9月か...」と言い礼二は驚いた。

早川は先に帰り、礼二はまさかとは思い早川が使用したストローを持ち帰った。

科捜研に虎丸を呼び出し、礼二は鑑定結果を報告した。

「犯人は早川だ」と礼二は言った。

礼二は以前仁美が妊娠していたと早川に確かに話したが「妊娠3ヶ月」とまでは言っていなかった。

それにこれまでの事を考えると、新妻の事件や佐保の事件でちょうどいいタイミングで自分(礼二)に色々と報告してくれていた。

仁美の交際相手を探す時も、早川は手伝っていた。

つまり早川は、礼二に近付いて礼二を監視していたという事か?と虎丸が言い2人は早川を探した。

だが連絡が取れず自宅へ行くそこには「本当にごめんなさい、死んでおわびします」と書かれており、礼二は武蔵野一家殺人事件の現場に置かれた手紙と早川の家から見つかった手紙の執筆鑑定を行い、この2つは同一人物が書いたものだと分かった。

だが礼二の中では、何か腑に落ちずこの2つに書かれてあるインクの成分を分析した。

礼二の暴走

礼二は、1人で壇浩輝(千原ジュニア)の元へ行き2人で話したいと包丁を突き付けて脅した。

武蔵野一家殺人事件に置かれてあった手紙と早川が書いた手紙のインクの成分を分析し、この2つのインクの成分は同じで科捜研で使われているやつと同じでもあったと話し、礼二と壇はそのままどこへと向かった。

虎丸は急いで科捜研へ行き、礼二が何を調べていたのか律子が確認し壇の元へ行ったのではないかと警察で調べると警察内に設置された防犯カメラには、礼二と壇が2人で話していたところが映されていた。

虎丸とノンナは、礼二のGPSを調べ礼二を探すと辿り着いたのは壇浩輝(千原ジュニア)の別荘だった。

だがそこに礼二と壇浩輝(千原ジュニア)の姿はなかった。

虎丸は、警視庁捜査一課長・江波清志(篠井英介)に連絡し礼二と檀の事について全て事情を説明し、Nシステムを科捜研に送る許可がほしいとお願いした。

そして科捜研でNシステムを使って礼二と檀が乗った車を探し、ノンナは義一がアーチェリーで優勝した場所があると言い虎丸とノンナはそこへ急いで向かった。

だがそこにも礼二の姿はなく、近くにあった映画館を見つけ虎丸はここ探すぞと自分の勘を主張し、見事礼二と檀が乗った車を見つけた。

壇浩輝(千原ジュニア)の動機と事件の真相

トレース原作と違う残念な点!檀浩輝が千原ジュニアはなぜ?!

その頃、礼二と檀は武蔵野一家殺人事件について話していた。

25年前、檀は義一がアーチェリーで優勝した会場の近くにあった映画館に居た。

そこに偶然、義一が友達と現れ義一が幸せそうに笑っている姿を見た檀はこれまでにないくらいの屈辱を感じ、義一の顔が頭から離れなくなっていた。

その後、義一が檀の通っていた高校の近くである事が分かり檀は義一の姿を見てどうしてもこの屈辱がたまらなかった。

そこで新妻と佐保がある事件を起こしていたと知り、檀は2人に近付いて事件を揉み消す代わりに義一をいじめるよう指示した。

だがそのいじめで義一は不登校となり、檀は寂しさを感じていた。

だがそこに佐保と新妻から仁美が会いたがってると聞き、檀は仁美と会うとあるお願いをされた。

仁美は早川と不倫関係にあり、妊娠した事を早川に話すと早川は逃げたと仁美が話し仁美は檀に早川を立ち直れないくらいいじめてとお願いされた。

その映像を檀は礼二に見せたが、礼二は信じられなかった。

武蔵野一家殺人事件の実行犯は・・

そして檀は佐保と新妻に今度は早川をいじめるよう指示し、早川はドン底に落ちていた。

檀は、早川に礼二に見せた映像を早川にも見せ、檀は早川に殺せば?と言いそして早川は実行に移した。

早川は家へ行き、そこに居た仁美を殺しその後帰宅してきた父親と母親を殺しその後檀や佐保、新妻が現れ全て義一が殺した事にしようと檀が言い出し義一は家族が殺された現場を見せられ、佐保と新妻に自殺したかのように見せかけ殺された。

礼二は、檀を殺そうとするも中々出来ず檀はその場から立ち去ろうとする。するとそこに早川が現れ、早川は檀を数回刺した。

虎丸とノンナが駆け付け、檀は救急車に運ばれ早川は逮捕された。

檀は昏睡状態でいつ意識が戻るかは分からなかった、その後礼二は3日間連絡が取れず虎丸も心配していると礼二が現れ「ありがとうございました」と事件は無事解決された。

何事もなかったかのように礼二は、仕事に出勤し前へ進む事が出来た。

千原ジュニアがサイコパスで気持ち悪すぎ!

トレースのキャスト一覧!原作漫画ネタバレと1巻無料試し読み!

壇浩輝(千原ジュニア)が気持ち悪すぎましたねー

義一の苦しむ姿が見たい、それが唯一の楽しみだった。不登校になってからというもの苦しむ姿が見れなくなって寂しかった・・

ぎゃーーーめxちゃめちゃサイコパスじゃないですか!!!

事の発端は壇浩輝(千原ジュニア)の一方的な妬み、義一には全く非はなかったわけですね・・。

そして礼二にとってとても辛かったのが、仁美のビデオでの発言。

「早川をいじめて立ち直れないようにして、お兄ちゃんのことなんてどうでもいい」

家族団らんの楽しい思い出が全て崩れ落ちていくようなシーンがありましたが、自分の家族のことを信じていた礼二にとっては信じられないぐらいつらかったでしょうね。

あくまで実行犯は早川で壇浩輝(千原ジュニア)自身は手を下していませんでしたが、一番の悪は壇浩輝(千原ジュニア)でしたね。

当時警視総監だった父親に自身が関与していると言えば大慌てで処理してくれますよと、義一に罪をきせる提案をしたのは檀でした。

自殺を強要したのは檀でしたが、佐保や新妻も罪を犯してましたね。

いじめで不登校になった長男が家族を殺して自殺した・・そういう筋書きを書き、自分では一切手をくださずに仁美や両親は早川に殺させ、佐保や新妻に義一を電気コードで首を絞めて自殺に見せかけて殺しました。

そして、佐保や新妻を早川に始末させました。要するに自分の手は一切汚していない。

ほんとに汚いやり方で、礼二を挑発する檀、いや千原ジュニアの演技がなんともいえずリアルすぎて気持ち悪かった。

結局礼二は壇浩輝(千原ジュニア)を殺しませんでしたが、代わりに早川が壇浩輝(千原ジュニア)を刺しましたね、これでよかったのかな。

礼二の家族がなぜ殺されたのか、当時何があったのか、礼二はこれまでずっと真実が知りたいと思いながら生きてきていた。

だがいざ真実を知らされると、残酷過ぎて何も言えませんね。

にしてもそれに途中から早川が犯人なんじゃないか?と思っていましたが、やはり犯人だったんですね。

それに檀は何の関係があるんだ?と思っていましたが、まさかあんな形で関係があったとは思いませんでした。

真実が知りたいとは思うが、全ての真実を知らされた被害者はどう受け止めるのか、どうやって前に進むのか、果たして真実を知ったところで幸せになれるのか?

実際、現実でもこのような事件は山ほどありますが被害者や加害者はどのように事件を受け止めていくのか、少し考えさせられましたね。

最終回、とてつもない残酷な真実を知り胸が痛みました・・。漫画とは若干違う設定なのかな?

トレース原作はコチラ

トレース 科捜研法医研究員の追想 6 (ゼノンコミックス)

トレース 科捜研法医研究員の追想 6 (ゼノンコミックス)

古賀慶
638円(10/23 12:27時点)
発売日: 2019/01/19
Amazonの情報を掲載しています

原作の漫画はまだ続いていますが面白いですよ!

スポンサーリンク

-2019冬ドラマ, トレース

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.