2018秋ドラマ SUITS(スーツ)

SUITS(スーツ)9話大輔は無資格の会計士に肩入れ?ピンチに?

更新日:

SUITS(スーツ)9話のネタバレ!大輔の裏切り

SUITS(スーツ)8話のあらすじはこちら♪

SUITS(スーツ)いよいよ最終章に突入!

SUITS(スーツ)9話12月3日月曜日夜9時放送15分拡大スペシャルです。

スポンサーリンク

SUITS(スーツ)9話あらすじ

甲斐(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』の経営にも参画するシニアパートナーへと昇格する。そのお披露目パーティーの席上で、チカ(鈴木保奈美)は『YURI綜合会計事務所』所長の華村百合(石田ひかり)と、同事務所のエース会計士・大河原忠(西村まさ彦)を甲斐に紹介する。

百合の事務所は『幸村・上杉法律事務所』の顧問会計事務所であり、クライアントでもあった。しかも百合は、チカの大親友なのだという。そこで百合は、チカと甲斐に、大河原を解雇したいから助けてほしい、と頼む。

甲斐は、大輔(中島裕翔)を連れてファームに戻ると、百合の事務所の定款(ていかん)と雇用契約書を頭に叩き込めと指示する。実は大河原は、出身大学を偽り、無資格にも関わらず会計士として働いていたのだ。

それを知った大輔は、大河原と自分の境遇を重ねてしまいなかなか仕事に集中できない。 あくる日、甲斐は大河原を呼び出し解雇を告げる。百合の事務所は大河原を訴えず、十分な額の退職金も用意するという条件だった。

しかし、25年も事務所に尽くしてきた大河原は突然の解雇に納得できない。そのやり取りを聞いていて我慢できなくなった大輔は、これまでの功績を考えればこんな解雇の仕方なんておかしい、一度百合と話し合うべきだ、とつい口をはさんだ。すると大河原は、大輔に同調して百合を批判し、不当解雇で訴えると言い残して席を立ってしまう。

引用:yahoo!テレビ 

スポンサーリンク

SUITS(スーツ)9話ネタバレ

甲斐正午(織田裕二)は、これまで幸村チカ(鈴木保奈美)にシニアに昇格したいと要求してきたが、チカの言い分に応えれずシニアの道のりは長かった。

だがようやく甲斐は、シニアパートナーに昇格する事になりお披露目パーティーが開催された。

そこでチカは、甲斐にYURI綜合会計事務所所長の華村百合(石田ひかり)を紹介した。

百合は、幸村・上杉法律事務所の顧問会計事務所でありクライアントでもあり、チカの戦友でもあった。

百合は、甲斐とチカに相談したい事があると言いその相談と言うのが、百合の事務所で働く大河原忠(西村まさ彦)を解雇してほしいと言う話しだった。

大河原は、25年間百合の事務所で働きエースでもあった。

だが大河原は、出身大学を偽り無資格なのにも関わらず会計士として働いていたのだった。百合は、大河原を訴える事はせず十分な退職金を払うと言った。

甲斐は、大河原を呼び出し解雇を告げる。

しかし大河原の気持ちが誰よりもよく分かる鈴木大輔(中島裕翔)は、百合と直接話し合うべきだと言い出し大河原も百合と直接話したいと言って、解雇を拒否し不当解雇で訴えると言って出ていった。

甲斐は、どうにかして大河原を解雇しようとするが一方大輔は、百合の事務所を徹底的に調べ始めた。

スポンサーリンク

SUITS 第9話 見どころ

今回は、チカの戦友である百合が登場してきましたね。

仕事が出来るチカの周りには、やはり同じように仕事が出来る百合みたいな友達が居るんですね。

チカは百合の事務所の顧問弁護士をし、百合はチカの事務所の顧問会計士をしている。お互いがお互いを支え合っていて、とてもいい戦友ですよね。

だがそんな戦友と言うのもこの時だけ。

百合は、自分の事務所で働くエースを解雇し穏便に済ませようとしたが大輔の調べでとんでもない事実が明らかになっていく。

チカは、大輔の行動を止めるよう甲斐に伝えるも大輔は百合の事務所について色々調べ甲斐も独自で調べていた。

そして百合の事務所で起きていた事をチカに伝えると、チカは百合の事務所と争うなら120%の証拠がないと無理よと言って大輔は必死になって証拠を集めた。

大河原が解雇された本当の理由

そして大輔の記憶力が発揮し、証拠隠滅したはずの資料がなぜか百合の前に並べられた。

大河原が解雇された理由もほんとは、経歴詐称よりもこの百合の罪が大河原にバレたからだった。そして、大河原は解雇となってしまった。

百合は見過ごしてと言ったが、甲斐は「事が大きすぎると見過ごせない法廷で争いましょう」と百合に告げた。

今回大輔の行動がどうなるのかと思っていましたが、見事に勝利しましたね。

SUITS(スーツ)の見逃し配信はこちら>>

甲斐と大輔がピンチに!?

これまで甲斐の前に2、3回訪れてきた最高検次長検事の柳慎次(國村隼)がまた今回現れる。

甲斐は、弁護士をやる前検事の仕事をしていて柳はその時の上司だった。
柳は、汚職疑惑で週刊誌を賑わせていて常にマークされている人物だった。

柳は、10年前裁判を有利に進める為証拠隠しをしていた。
甲斐は、この事を知っていてこれが理由で検事を辞めた。

甲斐は、柳に食事に誘われ断ると柳はもし私が有罪になったら君だって困るだろう?と甲斐を脅してきた。

甲斐はチカに相談し、チカは柳の件は責任を持って処理すると甲斐に言った。

一方大輔は、鈴木大輔としてこれまで弁護士として働いてきていたが、大輔の素性を知る者は事務所の中では甲斐だけだった。

誰にもバレる事なく何とかやってきていたが、大輔の悪友である谷元遊星(磯村勇斗)が突然チカの前に現れ、遊星は大輔の素性を全てチカに話した。

チカは、甲斐に警察に突き出すべきだと言うが甲斐は実務をこなしている大輔の事が表沙汰になればファームは終わりだとチカに言った。

甲斐と大輔に最大のピンチが降りかかってきたが、果たして甲斐と大輔はどうなってしまうのか?

甲斐は、柳と決着付ける事が出来るのか?大輔の素性はバレてしまうのか?

遊星が大輔には職場に好きな人がいて妹が泣いたからってすぐにチカにチクるあたり、なんか腹立ちましたね

 

SUITS(スーツ)10話のあらすじとネタバレはこちら>>

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, SUITS(スーツ)
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.