2018秋ドラマ SUITS(スーツ)

SUITS(スーツ)8話大輔と砂里のキスシーン!真琴が目撃

更新日:

SUITS(スーツ)8話のネタバレ!また大輔の替え玉受験がバレそうになる?

SUITS(スーツ)8話のネタバレです

スポンサーリンク

SUITS(スーツ)8話あらすじ

甲斐は大輔と真琴らとともに大手建設会社烏丸建設を相手取った集団訴訟に取り組む。この案件は烏丸建設が一時使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた原告団総勢462人の大きな訴訟だ。

だが一審で東京地裁は原告代の請求を棄却していた。彼等は早速、原告団代表の水原美咲(矢田亜希子)佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞く。

そこで一審を担当した原告団の弁護士が裁判の直前になって過去のスキャンダルで叩かれついには廃業にまで追い込まれていたことを知る。

それには烏丸弁護士の建設の匙後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未来)が関わっているという噂もある。

甲斐は美智瑠が代理人となった過去の裁判を徹底的に調べるよう大輔達に指示した。

一方大輔と共に甲斐のサポートをしていた健斗(岩井拳士朗)は膨大な情報を読み込んで行く大輔の姿に圧倒されつつも誠に向かってある疑念を口にする。

健斗は以前、大輔が「だいき」と呼ばれているのを聞いたことがあるというのだ。

そんな折甲斐のもとに突然、美智瑠が現れる。甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料を持っていた、何者かから送られてきたのだという。それを受けチカ(鈴木保奈美)は蟹江(小手伸也)に情報漏えい者の調査を命じますが・・。

引用:SUITS(スーツ)公式サイト

スポンサーリンク

SUITS(スーツ)ネタバレ!

真琴の知り合いの女性、町田日向子(石橋静河) が上杉法律事務所の新人弁護士の採用面接に行ってくる。

大輔は町田日向子(石橋静河) の姿を見て驚く。

なぜなら大輔は町田の替え玉受験をしていた過去があるから。

甲斐はまさか自分から替え玉のことを話したりしないだろうから大丈夫だろうと話すが・・

真琴も一時は替え玉受験をしようとしましたが結局思い止まりました。

またもや畠中美智瑠との闘いに甲斐は?

甲斐正午(織田裕二)、鈴木大輔(中島裕翔)、蟹江貢(小手伸也)、聖澤真琴(新木優子)は幸村チカ(鈴木保奈美)に呼ばれると、烏丸建設を相手取った集団訴訟に取り組んでほしいと頼まれた。

担当はもちろん甲斐で、大輔、真琴は甲斐の手伝いをするよう頼まれ蟹江はいつもの業務を取り組むよう言われた。

甲斐達は、烏丸建設が一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴えた原告団総勢462人のうちの3人の代表に会って話しを聞いた。

裁判の直前に一審を担当した原告団の弁護士が過去のスキャンダルで叩かれ廃業にまで追い込まれたと聞きます。

そして相手側の弁護士は甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所の畠中美智瑠(山本未來)である事が判明。

情報漏洩

甲斐は、早速大輔に美智瑠の過去の経歴を調べ頭に叩き込むよう指示した。

そうしていると突然、美智瑠が事務所に現れ美智瑠が出したのは甲斐達が作成した原告団情報を含む社外秘の資料だった。

チカは、蟹江に誰が情報を漏らしたのか調べるよう指示した。

一方甲斐達は、美智瑠達が原告団達の弱みに付け込んで脅している事を知り美智瑠は、何としてでも和解で片付けようとしてきた。

さすが甲斐の後輩だけあって、甲斐と美智瑠はよく似てる。

情報漏洩の犯人は真琴?

今回の案件、なぜか蟹江だけが蚊帳の外。

でもなぜ蟹江が担当ではなく甲斐なのか、それは相手が美智瑠だったからでしょうね。

美智瑠は、甲斐の後輩であり甲斐の教え通りに弁護士をやってきているから甲斐とやり方がとても似ている。

勝つ為なら手段を選ばない。

甲斐と美智瑠は、直接対決となり美智瑠はとにかく原告側達の弱みを見つけては、それで脅し原告側達も次々と訴えを取り下げようと諦めていった。

情報漏洩の犯人は真琴?

今回ばかりは、甲斐の負けかと思われていたがさすが甲斐でしたね。

美智瑠は、ほとんどの人の弱みを握っては脅していたがなぜか1人だけ脅されていなかった。

それのおかげで甲斐は、挽回する事が出来て美智瑠に見事勝った。

だが今回の見どころ、ここだけでなく事務所の中に情報漏洩者が居る事が分かり、しかもそれが真琴だと蟹江が言った。

真琴は、もちろん違うと言ったが他の人達は真琴が犯人だと思い真琴は退職を受け入れた。

大輔は、それに納得いかず玉井伽倻子(中村アン)に相談すると調べてくれて、犯人は真琴ではなく蟹江にこきばかり使われている健斗(岩井拳士朗)だった。

真琴は、蟹江に給料上乗せと謝罪を要求する。

健斗は蟹江に辞表を出すも蟹江は期待してると言い引き止めます。蟹江に感謝する健斗だが、蟹江はあくまでも自身の利益のことしか頭になくそれは表の顔。

裏では自分の首まで飛んでいくと健斗が辞めるのを止めただけだった。

やっぱり蟹江はそんな人なんだという印象ですね

SUITS(スーツ)の見逃し配信はこちら>>

大輔(中島裕翔)と砂里(今田美桜)キスシーンにツイッター大騒ぎ!?真琴が目撃

今回は次の8話の予告で中島裕翔と今田美桜さんがキスシーンがあるということで盛り上がってますね。

情報漏洩の件も一見落着、畠中との対決にも勝手ほっとしたと思ったら大輔(中島裕翔)と砂里(今田美桜)とのキスシーン!!

しかもそれを真琴が見てるというね、お決まりのパターン。

なんか、一応恋愛要素も入れちゃおうというのが見え見えな感じ?

SUITS(スーツ)いよいよ最終回、大輔の経歴詐称はバレずにもったか!?

いよいよ最終回、大輔の経歴詐称はバレずにもったか!?

甲斐は、やっとシニアパートナーへと昇格する事になった。

これまで昇格の話しはあったものの、チカの言う事には逆らう、下を育てない、やりたい放題とシニアへの昇格は伸ばしてきていたがやっと昇格となった。

昇格した甲斐に早速案件がきたのが、チカの親友でもあるYURI綜合会計事務所の所長である華村百合(石田ひかり)からの依頼だった。

百合は、甲斐達の居る法律事務所の顧問会計事務所でありクライアントでもあった。

百合の依頼というのが、長年働いてきた事務所のエース会計士である大河原忠(西村まさ彦)を解雇したいという事だった。

大河原は、出身大学を偽り無資格にも関わらず会計士として働いていたのだった。

甲斐は大河原に解雇を告げ、百合の事務所は訴える事はせず退職金も用意するという悪い条件ではなかった。

だが大河原は、解雇に納得いかずそれを聞いていた大輔は大河原を自分と重ねてしまい口を挟んでしまった。

大河原は、大輔の言う事に便乗してしまいには百合の事務所を訴えるとまで言い出した。

大輔自身も自分を偽って弁護士として働いていて、もちろん大輔の事を知る人間は事務所の中では甲斐しか知らない。

一度バレそうになったが、何とかバレずにここまで弁護士としてやってきたが果たして大輔の正体はバレる事はないのか?

大輔の事がバレたら甲斐はどうするのか、大輔を守ってあげるのか、それとも見捨てるのか?

最終回どんな展開を見せてくれるのか、甲斐と大輔の名コンビが来週で終わりなんてちょっと寂しいですね。

SUITS(スーツ)9話のあらすじとネタバレはこちら>>

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, SUITS(スーツ)
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.