2018秋ドラマ SUITS(スーツ)

SUITSスーツ6話ハッカーに経歴詐称がバレる!ピンチを救ったのは?

更新日:

SUITSスーツ6話ハッカーに経歴詐称がバレる!ピンチを救ったのは?

SUITS(スーツ)5話のあらすじはこちら♪

今回は大輔最大のピンチかも~!?

スポンサーリンク

SUITS(スーツ)6話あらすじ

内海財団の内海真須美は、轟フィナンシャルが手掛けていたインドネシアの発電所建設に20億円を投資していたが、建設計画が白紙になった。

それで投資した20億円を全額回収したいと言って、チカに相談する。チカは今回は、甲斐と蟹江貢(小手伸也)に手を組んで対処するよう命じた。

蟹江は早速動き出すが、甲斐の元に別件が入り鈴木大輔(中島裕翔)が、この別件を担当する事になった。

ある日、甲斐のもとに藤原というリゾート開発会社アテナリゾートの代表が相談してくる。

藤原の相談は大学院生の娘の華名が社員証の写真を差し替えて会社に侵入、会社の口座から1億円を別の口座に移したというもの。

甲斐は真須美の案件があった為、藤原の案件は全て大輔に任せた。

そして甲斐は、轟フィナンシャルの事を徹底的に調べようとするがことごとく蟹江に邪魔され証言を得る事が出来なかった。

その頃、大輔は藤原と華名を和解させ華名に轟フィナンシャルをハッキングしてほしいとお願いし、見事帳簿などを入手する事が出来た。

蟹江にその事を話し全ての証拠を集めて轟フィナンシャルへ行き、20億円全額回収する事に成功した。

スポンサーリンク

ハッカーに経歴詐称がバレた!6話ネタバレ

藤原の娘の華名は ハッキングが得意、鈴木大輔の経歴を見てハーバード大学にアクセスし顔写真が違うことで偽物だと見破ります。

そのことでこの件から手を引くように交渉する場面はヒヤヒヤものでしたね。

このままバレないかと思ったらチカのもとに一通の手紙が、その中には大輔が経歴詐称をしていると告発する内容が書いてありました。

チカははっきりさせましょうといい甲斐と大輔の前でハーバード大学のページにアクセスします。

大輔は慌てて言い訳しようとしますが・・

出てきたページには大輔の顔写真がありました。バカバカしいわねぇ、誰がこんないたずらしたのかしら!?

甲斐と大輔はほっとしますが、何がどうなっているのか?!

こんなことハッカーでもないとできないよな?

ああ!?

そう、 藤原華名の仕業でした。

華名のおかげでバレずに済みましたが、ヒヤヒヤしましたね。でもいずればれる日が来るのかもしれませんね

甲斐と蟹江がタッグ!蟹江が吠える

今回の見どころは、何と言ってもあの甲斐と蟹江がタックを組まされるというところです。

お互い似た者同士で、勝つ事しか頭にない2人がまさかのチカから組まされるはめになった。

蟹江は、甲斐に相当ライバル視を抱いており、出し抜いて少しでも手柄を出そうとするのだが、結果は全部空振りになる。

轟フィナンシャルの経理部長が事務所へ来るも、蟹江は相手を追い詰め経理部長は持病が再発しそのまま亡くなった。

甲斐は、何としてでも証言を取ろうと亡くなった部長の妻に会いに行く。うまくいきかけたところに、蟹江が現れ部長の妻は反発し大事な証言をまたもや失った。

甲斐は、ことごとく蟹江に邪魔ばかりされ腹を立てていた。

蟹江自身も少しでも収穫を出そうと轟フィナンシャルの若い弁護士を使って、帳簿を手に入れるが相手側からは嘘の帳簿だと言われ甲斐もさすがに我慢の限界にきていた。

だが結果調べると、蟹江が入手した帳簿は本物だった事が分かり甲斐は蟹江にお前の出番だと言って証拠を全て揃え見事勝利。

蟹江と甲斐は轟フィナンシャルにハッキングして証拠データを揃えました。不正な手段で揃えていいと思ってるのか!?弁護士資格がなくなるぞと開き直る相手に対して・・

上等じゃないか!?私はもし罪に問われて刑務所に入ってもずっとあなた達の罪を訴え続けます!手記にして手配しますよ!絶対に私は諦めません!

と言ったシーンはかっこよかったですね。 今回は蟹江さんのことを少し見直しました。

ハッカーの子がかわいい!ツイッターの反応、評判

SUITS(スーツ)6話は華名のハッカーの技術に助けてもらったようなもんですよね。

証拠データ揃えるのもハッキングだし、大輔の経歴詐称がバレるピンチを救ったのもハッカーだし・・。

ハッカー役のかわいい!誰?と思ったら、佐久間由衣さんと言ってゼクシィの宣伝や朝ドラのひよこに出ていた女優さんですね。

ひよっこの時とだいぶイメージは違いますがショートカットがよく似合ってて可愛いと言うよりも美人ですね。

SUITS(スーツ)は女優人が綺麗な人ばかりですね。

SUITS(スーツ)6話の見逃し配信は?>>

SUITS(スーツ)7話の予想

大輔は、幸村・上杉法律事務所では鈴木大輔と名乗っているがほんとの名前は鈴木大貴。

大輔は、元々頭が良く天才的な頭脳を持っていたが受験の替え玉をした事で大輔は夢だった弁護士になる事は一生無理な人生になってしまった。

ふとした偶然から甲斐と出会い、甲斐は大輔の事を気に入り大輔に鈴木大輔になれと言い大輔はそれを承知して弁護士となった。

だが幸村・上杉法律事務所の中でこの秘密を知る者は、甲斐のみ。

あともう1人知っているのが、大輔の幼なじみで妹のように可愛がってる谷元砂里(今田美桜)のこの2人だけ。

もちろん大輔の事がバレれば大輔は、完全に捕まるし弁護士資格も全て失う。

そんな大輔に警戒しているのが蟹江。これまで大輔の事を片っ端から調べては、カマをかけたりとやってきたが未だに蟹江は知らない。

6話で経歴詐称のことがバレそうになりましたが、華名のおかげでバレずに済みました。

次回の7話で、大輔が一度その人物の替え玉受験をした事があり甲斐に相談するシーンがあります。

果たして大輔は、どこまでこの嘘を突き通す事が出来るのか?

このままバレずに大輔も甲斐のようなエリート弁護士になる事は出来るのか?

SUITS(スーツ)7話のあらすじとネタバレ>>

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, SUITS(スーツ)
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.