ホームランド 海外ドラマ

ホームランドキャリーはなんの病気?暴走と治療

更新日:

CIAで活躍するキャリーですが、彼女には患っている病気がありました。それは双極性障害でした。彼女は病気を抱えながらも、テロリストからアメリカを守ろうとします。

しかし、その病気のせいで度々暴走してしまい周囲の人間を困らせていました。今回はそんなキャリーが病気のせいで暴走してしまった様子を調べてみました。

スポンサーリンク

キャリーの病気

双極性障害を患っているキャリーは普段は薬を服用して症状を抑えています。しかしその薬のせいで頭の働きが鈍ってしまう事をキャリーは嫌がっています。

そのためしばしばキャリーは薬を服用することをやめてしまいます。そのおかげで、事件や危険人物に気がつくことができます。

ブロディがアブ・ナジールのアジトから救出された時も彼がテロリストだとキャリーだけがブロディの正体を見破っていました。

しかしそれを証明することができず、キャリーがおかしいという風に思われてしまいます。毎回、キャリーは怪しいことに気がつくのですが、いつも周囲からは煙たがられてしまいます。

それには理由があってキャリーは仕事のためなら、周りを顧みずに行動してしまいます、それにより毎回周囲がトラブルに巻き込まれるため、キャリーと関わりを持ちたくない人が多かったのです。

ただし、キャリーのCIAとしての能力は認められているため、上層部は利用したい時だけ彼女を利用するのです。

スポンサーリンク

キャリーの病気を利用

シーズン3ではキャリーとソールは2人だけの計画をたて、イランのスパイジャバディと接触しようとしていました。

その計画にキャリーを使ったのです。ただしこの計画はキャリーも了承済みの計画です。

CIAの爆破はブロディが行ったことだとしたCIAはブロディとキャリーの関係を公表します。そして全責任をキャリーに押し付けようとしたのです。
キャリーはもちろん反撃に出ますが、言動がおかしいとして精神病院に入れられてしまいました。

これこそがキャリーとソールの立てた計画だったのです。

CIAから追い込まれているというキャリーを作り出すために行われたことだったのです。そしてこの計画は成功しジャバディはキャリーに接触してきたのでした。

この場合はキャリー自身が病気を利用したことになりますが、病気を相手側に利用されたこともありました。

シーズン4ではハッカニ側にキャリーは薬を服用していることを知られてしまいます。

それはハッカニの部下がキャリーの滞在する部屋に侵入したときに起こります。

男はキャリーが薬を飲んでいること知り、別の薬とすり替えたのです。

キャリーはもちろんそのことを知りません。そのおかげでキャリーの意識はおかしくなっていきます。

最終的には膿漏とした意識の中で市場をふらふら歩き出してしまう状態になでなってしまいました。

この場合は助けられたキャリーでしたが、キャリーは病気により随分危険な目にもあっていたのでした。

双極性障害の治療

普段は薬を服用しているキャリーですが、一度だけ脳に電流を流すという治療を受けたことがあります。それはシーズン1で起こりました。

キャリーはブロディのことをテロリストだと疑っています。

CIAはキャリーの言うことを信じていません、それを知ったキャリーはブロディの行動を止めようとキャリーの家族にまで会います。

特に娘のデイナ はキャリーの行動に驚きます。結局、ブロディの自爆テロは失敗に終わりなにも起きなかったため、キャリーはおかしな人にされてしまいます。

ブロディは家族にまで付きまとうキャリーを許せません。そのため、キャリーの立場は追い込まれて治療をするということで落ち着いたのです。

そお治療は頭に電流を流すというものでした。キャリーは最初は嫌がりますが、結局この治療を受け入れたのでした。

シーズンが進むにつれてキャリーの病気は進行しているように見えます。

完治はないでしょうから、うまく付き合っていくしかないのですが、キャリーの暴走をみるとこの先のキャリーがとても心配になってしまいます。

スポンサーリンク

-ホームランド, 海外ドラマ
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.