2018秋ドラマ 下町ロケット

下町ロケット7話あらすじとネタバレ佃と野木の抵抗!財前は?

更新日:

下町ロケット7話ネタバレ!

下町ロケット6話のあらすじはこちら♪

帝国重工の仕打ちに佃や財前はどう立ち向かうのか?目が離せません

スポンサーリンク

下町ロケット7話あらすじ

佃(阿部寛)は、財前(吉川晃司)が企画した無人農業トラクター事業に参入を決めたが、完全内製化を重んじる的場(神田正輝)によって突然切り捨てられてしまう…佃の親友である野木(森崎博之)にも接近…さらに佃製作所は、エンジンとトランスミッションの受注もダイダロスとギアゴーストに奪われる…さらに娘の利菜(土屋太鳳)もプロジェクトに参加、佃のライバルとなる。容赦ない帝国重工の攻勢に佃は…
引用:yahoo!テレビ 

スポンサーリンク

下町ロケット7話ネタバレ

的場取締役から、佃製作所との関係を切れと命じられた財前。佃製作所に対するこれまでの多大な恩を感じながらも、上司に逆らうわけにもいかず、佃製作所に対し、無人農業ロボットのエンジンとトランスミッションの内省化による関係見直しを言い渡す辛い役目を果たす。

佃はそんな財前に対しても、「財前さんは悪くない」と同情を見せる。

しかし、これで折れる佃製作所ではなかった。佃の同級生で無人農業ロボット自動走行システムの第一人者である野木と、無人農業ロボットの独自開発を進めることを決意する。

一方帝国重工は、無人農業ロボット完全内省化のための肝となる自動走行システムの開発コード譲渡を野木に進言するが、下請けを軽視し佃製作所を見限った帝国重工のやり方に対し、開発コードを帝国重工だけでなく世界中に公開すると言い放つ。

佃と野木の抵抗

さらに、今後は帝国重工が野木に接触する際は財前を通すようにとも忠告したのだった。

これにより、国内外の競合企業も一斉に自動農業システムの開発を進めることになり、大規模な競争が始まる。そうなれば帝国重工の優位性も当然失われる。

これは、帝国重工の事業を成功させてきた功労者でもある財前を安易にプロジェクトから外したことに対する佃と野木の大いなる抵抗であった。

ダイダロスと伊丹の復讐

後日、帝国重工は完全内省化による無人農業システムの発表を行ったことで、この件が翌日のニュースになると思えた。しかし、新聞の一面を飾ることはなかった。

原因は、帝国重工に対して父の復讐を狙うダイダロス社長の重田と、同じく帝国重工にお払い箱にされた伊丹による復讐によるものだった。

中小企業という立場を逆手に取り、彼らもまた帝国重工同様、無人農業システム開発を発表したのだ。メディアは大企業よりも中小企業が大企業相手に立ち向かうシナリオを取り上げた。

かくして、中小企業連合と帝国重工の直接対決の幕が下ろされた。

下町ロケット見逃し配信はこちら>>

下町ロケット7話の感想

一見蚊帳の外に置かれているように見える佃製作所が野木との独自開発でどのようにこの対決に割って入るのか。

そして、以前ギアゴーストを退職したままの島津はどう動くのか、また、キーパーソンとなるのか。

これまでのシリーズを見てきても、かつてないほど予想のつかない展開に突入した第7話だった。

一つ確実に言えるのは、どれだけ周りに敵が増えようとも、財前は決して佃製作所を裏切ることはないだろうと確信を持てたことだ。

 

下町ロケット8話のあらすじとネタバレはこちら>>

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 下町ロケット
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.