2018秋ドラマ 下町ロケット

下町ロケット6話ネタバレ!財前が敵になる新たなピンチ

更新日:

下町ロケット6話あらすじとネタバレ

下町ロケット5話のあらすじはこちら♪

ゴースト編が終わりましたね、新たな夢に向かって動き出す佃製作所。これからの展開に注目です

スポンサーリンク

下町ロケット6話あらすじ

衝撃の新シリーズ・ヤタガラス編に突入!重田(古舘伊知郎)の策略による伊丹(尾上菊之助)の裏切りに我を失う佃航平(阿部寛)。財前(吉川晃司)と共に無人農業トラクターという新たな夢を目指すが、帝国重工の的場(神田正輝)がついに直接動き出し、佃の前に立ちはだかる!佃の同級生、野木教授(森崎博之)の力を借りようとするが、野木には絶対に企業とは組まない理由があった。佃は夢を実現出来るのか?波乱の第6話!

引用:yahoo!テレビ 

スポンサーリンク

下町ロケットネタバレ!財前が敵に?

ギアゴーストがダイダロスと資本提携したと聞いて佃らは怒りをあらわにしました。伊丹の元に交渉に向かいますが、伊丹は佃らの話に全く耳を貸そうとしませんでした。

伊丹は帝国重工の的場への復讐心に燃え、以前の優しくて温厚な伊丹とは別人になっていました。

良きパートナーだった島津は伊丹についていけないと、ギアゴーストを退職していました。

財前は新しい部署に異動して、無人農業ロボットの開発に力を注いでいました。

新しい協力者との出会い

航平の大学時代の友人で、無人ロボットの第一人者である野木を説得して欲しいと財前から頼まれ北海道まで訪ねます。

野木は5年前にキーシンというベンチャー企業に騙されて技術を盗まれた過去があり、事業には協力出来ないと言われる。

その後、農業のしがらみに負けない殿村に元気を貰い、東京に来ていた野木ともう一度会います。

佃は新しい技術で日本の農業を守りたいと熱く語りかけ、その思いに打たれた野木は航平に協力する事を約束する。

財前が敵に?佃製作所また大きなピンチ

しかし、この計画の責任者が的場に変わったことで事態が急変します。

的場は佃製作所との取引を中心するように財前に命じるのでした。財前は上司の的場の言うことに従うしかありませんでした。

そして的場を恨んでいるダイダロスの重田と寝返ったギアゴーストの伊丹も帝国重工の参入を知り、てぐすねを引いて待ち構える。

航平達はそんな三つ巴の無人農業ロボット事業へと足を踏み入れようとしていた…。

佃製作所はまた大きなピンチを迎えることになります。

大企業というのは残酷な決断を平気でしますね。いよいよ帝国重工の的場が正体を現して来たなという印象を受けました。ギアゴ-ストに裏切られ新たな展開になり佃製作所のこれからが気になります。

スポンサーリンク

野木との出会いで新たなピンチを乗り切れるか?

野木を演じていたのは森崎博之さん、チームナックスのリーダーですね。

今後佃製作所の味方になっていくのか、楽しみです。

下町ロケット6話の見逃し配信はこちら>>

下町ロケット7話の予想

的場に言われ財前は佃とは今後は敵のような関係になってしまうのか、娘ともライバル関係になってしまうのか。

ロケットから農業に方針を変えて、伊丹に裏切られただけでなく新たなピンチが!

下町ロケット7話のあらすじとネタバレはこちら>>

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 下町ロケット
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.