2018秋ドラマ 下町ロケット

下町ロケット2ロケット事業撤退?今度はトラクター佃の新たな挑戦

更新日:

10月14日スタートした下町ロケット!3年振りですが今回はどういう話の展開になるんでしょうか?

予告などでちらっとありましたが、どうやら今度はロケットではないようですね。

しかし佃製作所に新たにいろんなメーカーも絡んできて面白くなりそうです。

下町ロケットの1話のあらすじ、見どころ感想などをまとめました。

スポンサーリンク

下町ロケット2、ロケット事業撤退?!

冒頭で、帝国重工の社長藤間秀樹に挨拶に来る的場俊一(神田正輝)

財前が言うには、買収の失敗などにより現社長の責任が問われており、社長が交代になるかもしれない。

そうなれば採算の取れないロケット事業はなくなる可能性が高いこと、帝国重工はロケット事業から撤退するかもしれませんとの事。

佃は「ロケット事業がなくなるなんて・・じゃあスターダスト計画はどうなるんだ?!」と慌てます。

佃の娘利菜はその経緯を知っていた様子、「この際転職でもしようかな」と話す利菜。もちろんそれは本気ではない。

ロケット事業がなくなるかもしれない、という噂に佃をはじめ他の社員も動揺する。佃製作所のバルブを帝国重工に納めることができなければ、経営はどうなるのかと揉める。

会社の懐事情が良くないからとロケット事業をあきらめるのか?と半信半疑の佃だったが・・

スポンサーリンク

今度はトラクター?

佃製作所は技術に自信を持っていたが、大口取引先の農機具メーカーから取引を断られる。

性能よりもコスト重視という考えを告げられる。ダイダロスというメーカーに割り込まれたのだ。

ダイダロスは安さは1流、技術は2流の会社だが、最近はいろんな会社に食い込んでいるメーカーで佃たちは顧客とのニーズに開きがあるのかもしれないと考えだす。

社内では帝国重工がロケット事業を切り捨てるかもしれないと言う話が広まり社員の間にも動揺が走りだす。

その矢先、 経理部長の殿村(立川談春)の父親が倒れ、佃と山崎(安田顕) は殿村の実家に行くことになる。殿村の実家は300年続く廊下で倒れた父親の看病と畑仕事の手伝いをしているのだ。

トラクターを運転する佃の後についてくる殿村を見て、佃は「なんで俺の後に金魚のフンみたいにくっついてくるんだ?」と聞くと、

殿村は「そのトラクターだと作業ムラができちゃうんですよ、うちの親父が倒れたのもこの作業村を直してる時だったみたいで」と話す。

その日、佃と山崎は農作業を手伝い殿村の実家に泊まることに。

色々話しながら、佃は「農機具のエンジンなんて動けばいいんですよ」とダイダロスの社長の言葉を思い出していた。

取引先のエレベーターでダイダロスの社長古館伊知郎と乗り合わせた時に言われていたのだ・・。

次の朝起きる佃はトラクターの作業ムラについて調べていた。どうして作業ムラができるのか気になり調べていたのだ。

そして、トランスミッションの性能の問題だったことを突き止める。

「うちで高性能のトランスミッションを開発できないかな~?」

佃はロケット事業がなくなるかもしれない今「なにか新しいことをやらないといけないだろう?」と話す。

スポンサーリンク

立花はとうとう不満を爆発させる?!

帝国重工の元社員が立ち上げたたった5人のベンチャー企業が100億の売り上げをあげている。面白そうな会社だと三人は興味を持つ。

ギアゴーストの副社長、島津裕(イモトアヤコ)から「エンジンメーカーの佃さんがどうしてこの際トランスミッションのバルブを手掛けようと思ったんですか?」と聞かれる。

いつかはトランスミッションのメーカーになりたいと思っている、と話す佃に島津は「でも取引先は大森バルブさんですよ・・」

大森バルブは業界最大手のメーカー。そのメーカーとのコンペに参加することになる。

立花はロケットエンジンのバルブを作るつもりがトラクターのバルブを作ることになり複雑な思いを持っている。

チーフの軽部の下でトランスミッションのバルブ開発に取り組むが、 定時きっかりに帰る上に「野暮ったい、こんなのじゃダメだ」としか言わずに立花達は不満を募らせてついに衝突する。

どうやったらいいのか教えて下さい!という立花に軽部は「俺にだってわからないよ、ただお前らの言うロケット品質ってこんなもんなのかよ、と思っただけだ」

決意を新たにする佃

次期社長の的場は会長の息のかかった人物。財前はなんとかロケット事業を継続させたいと話すが、的場はつれなく「大型ロケット開発はもう終わりだ」と言い放つ。

そして財前は移動を命じられロケット事業の担当から手を引くことになる。

財前に呼び出され事情を聞いた佃はショックを受ける。

ある日、佃と立花は人工心臓弁ガウディを入れた子供たちがサッカーをしているところを見に行く。

ロケットのエンジンバルブの技術を応用した人工心臓弁、自分たちの仕事が生きていると感じた佃と立花。

帰り道、佃は立花にこう話す。いつのまにか俺は自分の足元ばかり見るようになっていた、俺はまだ夢を見てもいいんだ。帝国重工がロケットを作らなくなっても俺たちが作ればいい、佃製の新たなエンジンを作ればいい、そのためにはまずは今の仕事だ。

そう言って決意を新たにする。

コンペで勝つのはどっち?

一方大森バルブは試作品を完成させていた。しかし、大森バルブはスペックは高いがコストはオーバーしてしまうと言う。 コンペにはこれで出すがその場合はコストはかかるので金額はあげてほしいと提案する。

しかし島津はこれで完成品じゃないですよね?とまだ改善の余地があることを指摘する。大森バルブはじゃあこれをやり替えて納得させるものができたらその時は即採用してもらいますよ、と自信満々で言う。

大森バルブはすぐにやり直しバルブを持ってきた。そこへ佃たちもやってきて、モーター技研で技術性能を確かめる検査に同行することになる。

結果の数値は圧倒的に大森バルブの勝ちだった。

大森バルブは高笑いするが、島津は部品をいくつ使っているか聞く。

大森バルブは491個、佃製作所153個だと言う。

「強度が強いという事です、分からないんですかこのバルブの強さが?」と島津は佃のバルブをのすごさを見抜いていた。

佃は、「トラクターに乗ってみてわかったんです、土まみれになって動くトラクターには強度が必要だと。だから何より必要なのは壊れないことなんです。スペックを追って繊細なバルブになればなるほど壊れやすくなる、そんなスペックのバルブ本末転倒なんです。」

島津は数値じゃなくてこの強度はすごい、と絶賛します。

そしてギアゴーストの社長は佃製作所のバルブを使うことを決める。

下町ロケット

ツイッターもにぎわってましたね~みんなの感想を見てみます。

・最先端のビジネスの内容を盛り込むあたりが、池井戸作品のいいところなんですよね。農業×自動運転=生産性向上。次作のテーマはブロックチェーン技術の発展による金融業の崩壊、そして新たな市場の創出とかですかね。

・下町ロケット相変わらずクッソ面白い

・下町ロケットやはり面白い。とりあえず杉良太郎と吉川晃司がかっこよすぎる。

・今回もまた、特許裁判やら権力闘争やら裏切りとか色々ありそうだけど…

・下町ロケット初めて観たけど面白かった イモトなかなか上手いなw

・イモトさんの演技に驚愕した。

・日曜は下町ロケットだけでええわ…

・使い手に寄り添ってこそ価値のある仕事。数値だけでは気づけないことを見逃しちゃいけない。

・下町ロケット1話目から波乱だったなー笑

・下町ロケットいいねぇ。下手したら大河ドラマより見応えある。

・そして、ユーザーに向き合って、あくまで自分の強みに盲目的にならなかった方が勝つという。
なんだか見ていてスッキリした。

・すごい話題になっているので観てみたが、次から次へと妖怪のようなおっさんが出てくる・・・・観ているだけで疲れた。

やっぱり期待を裏切らない、面白いという声が多いですね。

前回の下町ロケットを見ている人は待ってました、という感じだし見てなくても今回はロケットではなくトラクターがテーマなので無理なく見れる内容になっていますね。

イモトの演技力がすごいかどうかは置いといて、バルブの技術力のすごさを見抜くシーンは良かったですね。

大森バルブの社長がすごく偉そうだっいたのにメンツつぶされた感がハンパなかったですね~!

妖怪みたいなオッサンが次々出てくるって感想もあるけど、確かに登場人物はオッサンばかりですね。

下町ロケット2話のあらすじ予想

下町ロケット2話のあらすじ

ギアゴーストが特許権侵害で15億円の訴訟を起こされ、大森バルブとのコンペも白紙に戻りそうになる。裏では弁護士の中川京一(池畑慎之介)がもくろんでいた様子だった。

困った佃は弁護士の神谷修一(恵俊彰)に相談すると、神谷は意外な提案をする。

2話のあらすじと予告動画から予想すると、ギアゴーストは大森バルブを怒らせてしまったことで窮地に陥る。

佃製作所でイモトが一緒に働いていることから、もしかしたら佃製作所がギアゴーストを買収するのかもしれませんね。

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 下町ロケット
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.