ウオーキングデッド 海外ドラマ

ウォーキングデッドの主人公なのに嫌い?リックの最後は?

更新日:

ウオーキングデッドの主人公といえば、リックです。

当初はいい人キャラでしたが、いつの間にやら「嫌い」という声がチラホラ聞こえるように・・

主人公なのに嫌いって?!一体どういうこと?

スポンサーリンク

ウオーキングデッド主人公なのに嫌い?

さてさて、主人公ですからどんな時もみんなから愛されるキャラが多いですが、リックは一味違います。

正直・・・嫌い(笑)

それがウォーキングデッドの醍醐味にもなっています。主人公に依存する事なく、代わる代わる他のキャラにもスポットを当てながらストーリ展開をしています。

それこそが視聴者を飽きさせずに長く愛されている理由ではないでしょうか?

シーズン1では正義感あふれる警察官をド直球で演じていますが、シェーンとローリとの三角関係のもつれからシェーンを殺してしまいます。この辺りから段々おかしくなってきます(笑)

確かにウォーカーの世界なので非情な判断は必要ですが、それでも正義感あふれるキャラかと思いきや、リックは違います。

ある意味人間らしいのですね。

あんな世界で正義感が揺るがないなんで、逆にどうかしてますよね?なのでリックはあれでいいんですね。

リーダーとしてみんなを統率しながら、命を守らないといけないので、非情な決断は付きまといます。

責任はリックにありますから、甘いことを言っていたら、あのグループはあっという間に壊滅しますね。

そんな揺れ動くリックにももちろん注目して楽しみましょう。

スポンサーリンク

ウォーキングデッドの主人公リック・グライムズとは?

 

絶対的な主人公を演じる、アンドリュー・リンカーン

1973年9月14日生まれ、イギリスの俳優さんです。

ご存知リック役を演じているアンドリューですが、シーズン1~シーズン8まですでに8年間も演じています。

ここまで長いとドラマの世界と現実の世界と分からなくなってしまいそうですね(笑)

まずはイケメン!なのは言うまでもありませんが、変わりゆくリックの心情を上手に演じてくれています。

リックがところどころ嫌いになりますが、それはアンドリューが上手に演じているからなのでしょうね。

まさに手の上で転がされている状態です(笑)

シェーンとのドロドロ関係は記憶に残っていると思いますが、シェーン役を好演した、ジョン・バーンサルとは実は大親友だそうで、二人とも共演した事を光栄だと話しているとか。

トラブルが多そうなアメリカドラマですが、ウォーキングデッドが長く愛されるのは出演者たちのチームワークも大きいですね。

リックの最後は?

主人公が死ぬときはドラマが終わるとき?はもう古いのでしょうか?

あるインタビューではアンドリューは自身のキャラクターが死んでも構わないと語り、ファンの間で話題になりました。

原作者のロバート・カークマンも「リックは最後まで生き残ることはできない」と語っています。

カールが死んでしまい、今後の展開や次の主要キャラの死などが気になるところですが、リックもその中の一人なので驚きを隠せません!

ほんとに主人公が亡くなる展開になれば、それはそれですごいですね!

スポンサーリンク

-ウオーキングデッド, 海外ドラマ
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.