プリズンブレイク 海外ドラマ

プリズンブレイク突っ込みどころありすぎ!マイケルは死んだはずなのに?

更新日:

9年ぶりに続編が放送された「プリズンブイレイク

無事にシーズン5も終了しましたが現在なんとシーズン6の制作も決定しています。

ファンにとっては嬉しいことですが、一度話は終わったと思っていたので「あれ?」と思うところもありました。

今回は過去シーズンも含め「プリズンブイレイク」の中でおかしな点を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

突っ込みどころその1・マイケルは死んだはずなのに?

2007年にシーズン4で終わったプリズンブレイク。

スペシャル放送もあり全てが完結したと思っていたところに、急に続編の話が上がってきて驚いたファンも多かったと思います。

さらにファンを驚かせたのが、オリジナルキャストが出演するということでした。

「マイケルは死んだはずなのに、マイケルもシーズン5に出演するってどういうこと?」と思ったファンも多かったです。

そしていよいよシーズン5が始めるとやはりマイケルは生きていました。

サラを脱獄させる時、感電して死んだと思われていたのに取引をしてマイケルは生きていたのでした。

さすがにちょっと無理がある展開でした。しかもサラの再婚相手が実は黒幕だったというのも、できすぎている気がします。

それでもファンはもう1度マイケルとサラの関係やマイケルとリンカーン、マイケルとスクレのシーンがみれて嬉しかったのは事実です。

スポンサーリンク

突っ込みどころその2・タイトルの矛盾

「プリズンブレイク」はタイトル通り刑務所からの脱獄のお話です。

でも実はシーズン1であっさりとマイケル達は刑務所から脱獄してしまいました。

そしてシーズン2は脱獄ではなく、逃走の物語です。

なので、シーズン2に関してはタイトルにツッコミどころがありました。

そのせいなのかどうなのかは分かりませんが、その後シーズン3からはマイケルはまた刑務所に入れられます。

しかもシーズン4の後のスペシャルでは今度はサラが刑務所に入ります。

そしてサラを脱獄させる内容となっていました。

突っ込みどころその3・脱獄の矛盾

そして1番の矛盾はやはり脱獄でしょう。

脱獄がメインのドラマなんですが、その計画ちょっと、無理じゃない?ということが実はたくさんありました。

それでも毎回独特な緊張感とハラハラする感じがファンにとてはたまらないので、小さい矛盾は気にしないというのがこのドラマの楽しみ方の1つです。

マイケルはかなり計画を練って刑務所に入ったはずなのに、埋蔵金の有無とかサラを利用するなど確実ではないことにも計画の一部に入っていました。

しかも兄リンカーンは一度は死刑直前まで行ってしまいます。

そんなにギリギリで死刑が中止されるなんて・・と思うところもありますが、あの時リンカーンは死んでしまうのではと思った人も多いと思います。

計画通りにいかない面白さもあるのがこのドラマの醍醐味でもあります。

「プリズンブレイク」以外のほとんどのドラマで矛盾やツッコミどころは必ずあります。

それも有りな上で面白かったのが「プリズンブレイク」だったのです。

プリズンブレイクまとめ

 

プリズンブレイクはHuluで観れます→huluで見放題!

 

アメリカのドラマは1話づつ監督や脚本家が変わることが多く、それが普通です。

しかも大きな流れはありますが、各エピソードはその場でストーリーが作られたりするので、スタートとラストで話が大きく変わっていることもあります。

ある意味どうにでもできるのがアメリカのドラマなのです。だから死んだマイケルが生きていたということも可能だったわけです。

シーズン4で終了したドラマが、9年経って続編ができるということは「プリズンブレイク」が大人気ドラマだったからです。

あえてマイケルが生きていることにしてでも作りたかったドラマだったのです、そしてファンは待っていたのかもしれません。

シーズン5が成功したのでシーズン6も決定しました。シーズン6ではどんな展開になるのか今から楽しみです。

きっとまたツッコミどころはあるでしょうが、それも楽しみながら見たいと思います。

スポンサーリンク

-プリズンブレイク, 海外ドラマ
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.