プリズンブレイク 海外ドラマ

プリズンブレイクマイケルの死因は?サラとの間の息子はどうなった?

更新日:

マイケルはなぜ死んでしまったのでしょうか?死因は?

プリズンブレイクの主人公マイケル。兄の無実を知り、彼自身も刑務所に入り兄とともに脱獄します。

"]

それ以降ずっと追われる身のマイケルでしたが、やっと無実が証明される日がやってきた!これで恋人のサラと幸せになれると思ったら、なんとマイケルは死んでしまったのです!


シーズン4で亡くなるマイケル、死因は・・?

シーズン4でマイケルの母親が登場します。しかも彼女はマイケルにとっては敵だったのです。

母親が狙っているエネルギー再生のデータ、スキュラをマイケル達は守ります。そしてマイケル達全員が無罪となります。

それから4年後。

恋人サラや兄リンカーン達が集まった場所はなんとマイケルのお墓でした。

そしてそこにはマイケルとサラの子供マイケルジュニアも一緒でした。

これでシーズン4は終わりました。

ファンにとってはマイケルはなんで死んだの?と思っていた人も多いと思います。

シーズン4の途中でマイケルが病気だということが分かります。

手術をする必要がありましたが、マイケルはスキュラを守るために手術を拒否したのでした。

しかし具体的な死因はわからないままシーズン4は終わったのです。


ファイナルブレイクで明かされた真実

シーズン4終了後、シーズン4のラストの空白の4年間が描かれたスペシャルドラマが放送されました。

それがファイナルブレイクです。

ファイナルブレイクはHuluでの配信は確認できませんでした、DVDは発売されています

[amazon_link asins='B002VOX8SO' template='original' store='nanairo8-22' marketplace='JP' link_id='929fa1b3-dd74-11e8-a45a-fbfce4d5cfa7']


 

そしてそこでマイケルの死の全てが明かされていたのです。

シーズン4ですでにサラが妊娠していることは分かっていたので、マイケル達は無実になった後結婚式を行います。

これで幸せにななれると誰もが思ったその時、サラはマイケルの母親を殺した容疑で捕まってしまったのです。

刑務所に入るサラ

今度はサラが刑務所に入ってしまいます。しかもサラは命を狙われてしまいます。

サラの危険を知ったマイケルは、サラを脱獄させようといます。

さすがに今度は自分が刑務所に入るわけには行きません。

そこで今度はマイケルは刑務所内に侵入してサラを助けます。

無事にサラと再会できたマイケルですが、最後のドア電気錠になっていて開けることができません。

その鍵を開けるためには電気をショートさせる必要があります。

マイケルの死因は感電死?

マイケルはサラを逃がすために、自分がショートさせる役目を引き受けたのです。

マイケルが電気をショートさせると火花が起こります。

鍵が開き、サラ達は逃げますがマイケルは現れませんでした。

マイケルはショートさせるときに死んでしまったのでした。

マイケルは自分の死を覚悟していました。

マホーンはマイケルに預かった診断書をサラに見せます。

マイケルは脳腫瘍に冒されていて、余命は長くありませんでした。

マイケルは自分の命と引き換えにサラとお腹の中にいた子供を守ったのでした。

プリズンブレイクマイケルの息子は?

マイケルの息子はマイケルジュニアと名付けられ、サラは1人で育てていました。

しかしマイケルの死から7年後、サラは再婚し息子も含めて幸せに暮らしていました。

マイケルジュニアも大きくなっていました。

シーズン5ではマイケルジュニアは連れ去られたり、キーマンでした。

しかも物語が後半に行くほど重要な役割を担ってきます。

シーズン5ではマイケルが生きている?

シーズン4で死んだマイケルですが、なぜかシーズン5では生き返ってます。

そして、最終回では連れ去られたマイケルジュニアを助けるために、マイケルもサラに奮闘します。

サラとリンカーンはマイケルジュニアを助け出し、マイケルも無事に釈放されます。

そしてやっとマイケルはサラとそして息子と幸せに暮らせるようになったのでした。

ここまで実に長い長い道のりでした。

誰もが死んだと思っていたマイケルが生きていたのですから。

プリズンブレイクはHuluで観れます→huluで見放題!

 

だからこそプリズンブレイクファンは今度こそマイケルには幸せになって欲しいと願っています。

スポンサーリンク

-プリズンブレイク, 海外ドラマ
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレと勝手に感想 , 2021 All Rights Reserved.