ウオーキングデッド 海外ドラマ

ミショーン役のダナイ・グリラがかっこいい!シーズン4が印象的!

更新日:

ウオーキングデッドにはたくさん登場人物がいます。

その中でもミショーンが気になるファンが多いと思います、あの印象的なドレッドヘアーといいカッコよすぎでしょ!

スポンサーリンク

ミショーン役のダナイ・グリラがかっこいい!

途中から登場したミショーンですが、そのドレットヘアーが印象的。さらに剣の達人で戦闘シーンでも大活躍で一躍人気のキャラクターになりました。

演じているのは、ダナイ・グリラさん。1978年2月14日生まれのアメリカ出身の女優さんです。

恥ずかしながら、ウォーキングデット以前は知らない方だったので、今後の出演作にも注目しています。

どうやらこの方の髪型はベリーショートのようで、ドレットヘアーはかつらのようですね。そりゃそうですよね(笑)

すごく似合っているので、地毛なのかと思っていましたら、全然違いました。

ベリーショートでスタイル抜群なのでモデルさんの様ですが、もしかしたらそのうちベリーショートで登場するかも?と期待しています。

スポンサーリンク

シーズン4で心に残る印象的なシーン

シーズン4episode9が印象に残っています。

シーズン8まで放送されているepisodeは、既に100を超えています。

数多いepisodeの中で今でも思い出すのが、シーズン4の後半に突入した最初の話「孤独の中のミショーンとカールの想い」です。

このタイトルで思い出す方も多いのではないでしょうか?

シーズン4では、前シーズンから引き続き「総督」ことフィリップとの最終対決が記憶に残るところですね。

その対決が終わった後、バラバラになってしまったリックや仲間達にスポットが当たります。

その始まりがepisode9なのですねぇ。後々考えれば、今後の展開への序章だったのかな?

と感じますが、この時にミショーンとリックがまさか恋仲になるなんて(笑)

そんなことを考えながらリピートするのも面白いですよ。

ミショーンとカールの描写が美しい

刑務所から逃げたミショーンはアンドレアと出会った頃の様にウォーカー二人を連れて歩き出します。

このepisodeはあまり台詞がなく、表情や、風景の描写で構成されているように感じます。

ミショーンは途中でリックとカールの足跡(この時は誰の足跡かは不明)を見つけたにも関わらず、違う方向に歩き出します。

私としては、「えぇー?そっち?追いかけないの?」と心で叫びました(笑)

その後、数十体のウォーカーと一緒に歩いているミショーンですが、ふと我に返り、ウォーカーを殺します。

そして引き返し、見つけた足跡を追うのです。このままメルルの様に一旦消えて、後から戻って来るのかとも思いました。

しかし引き返したことで、今後のミショーンの展開に期待を持ちました、当分は死なないだろうとね。

同時進行で主人公のリックと息子のカールの描写は、とっても険悪・・

リックと息子のカール

カールはリックの責任を追及し、やり場のない気持ちをぶつけていました。

シーズン1からの成長を見ていると、思春期に入ったのね。なんて、お母さんの心境です。

疲れ果てて隠れ家で起き上がらないリック、一人で行動するカール、見つけたチョコレートを一人で食べているシーンも好きです。

台詞は無いけど、新庄が伝わってきてジーンとしちゃいました。そして、ミショーンがそんな二人を見つけドアをノックします。

その時のミショーンがほほ笑むのですが、緊迫のシーンが多いウォーキングデットの中で、このepisode9は美しい描写が記憶に残っており、大好きです!

ミショーンが二人を見つけドアをノック「ドンドン」

リックはのぞき穴から確認すると「カール、お前にだ」

締めくくりも、険悪な雰囲気を吹き飛ばすシーンで最高でした。

スポンサーリンク

-ウオーキングデッド, 海外ドラマ
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.