マスカレードホテル 映画

マスカレードホテル映画あらすじとネタバレ!口コミは高評価

更新日:

マスカレードホテル映画あらすじとネタバレ!

マスカレードホテル映画は2019年1月18日(金)公開

スポンサーリンク

マスカレードホテル映画あらすじ

都内で連続殺人事件が起きる。現場に残された不可解な数字の羅列、警視庁捜査一課の刑事で破天荒だが人を見抜く天才である新田浩介(木村拓哉)は、その数字が次の犯行現場を示していることを解読、容疑者もターゲットも不明のまま次の犯行現場が超一流ホテルであることを見抜く。

その超一流ホテルとはホテル・コルテシア東京。

だが何もかもが不明のため、新田浩介(木村拓哉)がホテルに潜入し捜査することに。新田浩介(木村拓哉)はホテルのフロント・クラークとして犯人を追うことになり、超真面目で優秀なホテルマン山岸尚美(長澤まさみ) は新田の教育係として新田に指示をする。

次々と現れる素性の知れない多数の宿泊客達、 この中に連続殺人事件犯が紛れ込んでいる、客の全てが容疑者。

犯人逮捕が第一優先の新田浩介(木村拓哉)とお客様の安全が第一優先の山岸尚美(長澤まさみ) の2人は立場の違いから対立、何度も衝突するが次第に信頼関係が芽生えていく。

一体誰が犯人で誰か格なのか?仮面(マスカレード)をかぶった犯人の正体とは?奇想天外なトリックと犯人の本当の動機と罠とは?

スポンサーリンク

マスカレードホテル映画キャスト一覧

刑事

新田浩介(木村拓哉)捜査一課刑事
渡部篤郎(稲垣)捜査一課係長
小日向文世(能勢)新田の元相棒
篠井英介(尾崎) 冷静沈着な管理官
梶原善(本宮)新田先輩刑事、口は悪いが仕事はできる
泉澤祐希(関根)真面目で素直な若手刑事

ホテルマン

山岸尚美(長澤まさみ)超真面目なホテルマン(フロントクラーク)
石川恋(川本) 直美を慕う若手フロントクラーク
東根作寿英(久我)常に笑顔の先輩フロントクラーク
鶴見辰吾(田倉) 温和で品格ある宿泊部・部長
石橋凌(藤木) ホテル・コルテシア東京の総支配

宿泊客

濱田岳(宿泊客)
前田敦子(宿泊客)
笹野高史(宿泊客)
高嶋政宏(宿泊客)
菜々緒(宿泊客)
生瀬勝久(宿泊客)
宇梶剛士(宿泊客)
橋本マナミ(宿泊客)
田口浩正(宿泊客)
勝地涼(宿泊客)
松たか子(宿泊客)

マスカレードホテル映画の原作

 

原作:東野圭吾「マスカレードホテル」集英社文庫館

累計310万円部突破、東野圭吾の人気小説マスカレードシリーズの第1作。

マスカレードホテルで明石家さんまはどこに出てる?登場シーンネタバレ

マスカレードホテル映画口コミ!ネタバレあり注意!

マスカレードホテルの映画を観た人の口コミです。ネタバレありなのでまだ映画を観ていない方はご注意ください。

50代女性

前評判がとても高かったのですが、実際に観て、評価は3倍以上だと実感しています。
まず、木村拓哉が素晴らしい。

どちらかというと粗野で粗暴な印象の刑事・新田としての登場ですが、フロントスタッフに擬態することを命じられ、最初はしぶしぶといった風情で顔が歪むほど苦痛な様子だったのが、次第にその場の空気に馴染み、ホテル・コルテシア東京の制服がびしっと決まるほどになっていきます。

その変化が立ち居振る舞いに現れていくのです。

そして、事件解決後に普通のスーツに戻った瞬間、また元の歩き方、立ち方になる。しかしどこか以前とは違う『新田』がいます。

それはこの事件解決のために奔走した数日間での経験と、ホテルマンとして促成栽培であっても施された教育の成果・成長だったのでしょう。

また、ほぼオールスターキャストともいうべき豪華なキャラクターたちが次々に登場して、誰が怪しいのか!?と小気味よく翻弄されていきます。
その意外な取り合わせや小さなトリックは本編本筋にたどり着くまでのエッセンスとして、バランスよくちりばめられていると言っても良いでしょう。

テル・コルテシア東京で新田らを受け入れた側のフロントスタッフ山岸は犯行予告と新田の粗暴なふるまいに顔をしかめながらも『お客様を守る』という使命に奔走していきます。

新田は、彼女に影響され、宿泊客らを眺めているうちに事件の鍵をいくつも掘り起こしていくのです。

物語の舞台となったホテル・コルテシア東京は全くの架空であり、全てがセットで作り込まれたものだというのですが、信じられないほどにリアルで、重厚に出来上がっており、歴史ある風情がたまりません。

音楽は『ALWAYS三丁目の夕日』や『るろうに剣心』、『龍馬伝』などでおなじみの佐藤直紀氏ということで、心揺さぶる素晴らしいサウンドトラックでした。

エンドロールを見ると『友情出演』として『明石家さんま』の名前がありました。しかし、まったく気づくことができずとても残念。

どこにいたのか、それを確かめるためだけにでも、もう一度見る価値があると思える、そんなスペシャルな一本でした。皆さまも是非、大画面でご覧になることをお勧め致します。

評価:

30代女性

東野圭吾の作品のファンということでまずは、映画をみてから本を見たいと思い先に映画を鑑賞してきました。また、主演が木村拓哉と長澤まさみということにも惹かれて、見ることに決めて!

また他のキャストも豪華絢爛で、ホテルということで映像、セットもとても綺麗でした。

映画の舞台となったのはホテルで、事件とある連続殺人事件をホテルのフロントマンが警察の捜査に協力していくことになるというお話し。

潜入捜査官として木村拓哉がホテルマンになっていましたが、ただただかっこいい!!木村拓哉はなにをやっても木村拓哉といわれているが、今回のホテルマンはすごく似合っていた。やっぱり演技がうまい!

そして長澤まさみもほんと可愛い。この木村拓哉と長澤まさみの息のあったやりとりが最高で、最強のバディになっていました。

ストーリーはとてもおもしろかった。ひとつの事件を追いつつも、ほかの事件を徐々に解決していく形のオムニバス形式っぽいのでテンポも良くてとても見やすく鑑賞できました。あとからあとへと、登場人物が増えていき、全く犯人の想像がつかず、ほんとに犯人がわかったときは驚いてしまいました。

この映画の世界観に入り込んでしまって、時間を忘れてハラハラドキドキできたので、おもしろくて何度でも見にいきたくなる映画になっていました。

ただ、友情出演していたいう明石家さんまは私には見つけられなかったのが残念で、これは再度見なくてはと思っています!!

評価:

40代男性

私の場合、小説を読んでから映画を見ました。小説中の主役「山岸尚美」のキャラクターは、聡明、誠実、一生懸命、クール、粘り強さといった印象を強く持ちました。

小説を読んだときはまだ映画化される前でしたので、いずれこの本が映画になった時に山岸尚美にふさわしい女優は誰だろうと考えてました。印象からイメージすると武井咲さん、綾瀬はるかさん、新垣結衣、波留さんといった女優陣を思い浮かべてました。

しかし、映画の山岸尚美役は長澤まさみさん。演技力抜群で元気で好きな女優の一人ではありましたが、小説の印象からすると、正直、えっと思ってしまいました。他方もう一人の主役である警視庁捜査一課の「新田浩介」ですが、小説でのイメージはするどさの中に雑さがある、クールさの中に少々あわてんぼうのおっちょこちょいというキャラクター。阿部寛、大野智といった俳優を思い浮かべてましたが映画では「木村拓哉」だったので意外でした。

小説と映画のキャラクター設定の違いに納得いかない思いを少々持ちながら、映画を観始めました。しかし、長澤まさみはさすがですね。聡明、誠実、一生懸命、クール、粘り強さといった小説の印象をすべて出していたと思います。

持ち前の元気と笑顔も加わって、よいキャラを演じていたと思います。一方、木村拓哉の方は、私の先入観が強いせいかトレンディドラマのキザさが強く出ていて、配役設定がやっぱ違うのではないかと思ってしまいました。キムタクほどのイケメンを選ばなくてもよかったのではないか、そこが残念に思った点です。

評価:

30代女性

正直言って思っていたのと全く違います。
確か殺人事件がテーマのはずなのになかなか事件らしいことが起きません。最初に連続殺人事件の潜入捜査と、なったきり全く事件が起こらない、発展しない、捜査しない。

その代わりホテルのお客さんが数々のトラブルを起こす。
毎回変わったお客さんの対応に翻弄される刑事で潜入捜査としてホテルマンとなったキムタクが徐々にホテルマンらしくなっていきます。

それにしても出演者が豪華!
次々とやってくる難客、主演を演じるような役者さんが一瞬しか出ないようなただそれだけの役を演じている、それがすごいことです。

そして、所々笑えるシーンも出てきて面白かったです。
ホテルが舞台となっているのですが、本当に見事にホテルのシーンのみ。キムタクがホテルから出るシーンなど一切ありません。その異色な設定も斬新で面白いです。高級ホテルのきらびやかなロビーがほぼメインで見ていて優雅な気持ちになります。

肝心な殺人事件の話がでてくるのは最初と最後だけ、かと言って単純な事件ではなく驚かさせる展開となっていました。

最初はホテルマンを嫌々していた新田(キムタク)がいつのまにか本当のホテルマンになっていく姿と犯人を捕まえる時に見せた刑事の姿。両方ともかっこよかったです。やっぱりキムタクは何をしてもカッコいい。

サスペンスであり、ヒューマンドラマでもあるこのマスカレードホテル。東野圭吾らしい作品だなぁと思いました。

評価:

23才女性

東野圭吾さんの原作を読んではいなかったものの、公開前から映画館で放映されていたCMに惹かれ鑑賞。

サスペンス系だと思っていたが、シリアスなシーンはほぼ無い。しかし、豪華なキャスト1人1人の演技が光り誰が犯人なのか一緒に推察していくワクワク感が良い。

意表を突かれる小トリックや、固定概念に思わず「騙された!」と気付ける作品でもある。

木村拓哉さんと長澤まさみさんという新しい組み合わせも新鮮で、とても息が合っている。初めこそは馬の合わない2人が、異なる信念を通して理解していく過程も素敵だった。

殺人事件を扱った作品とあり、舞台となる高級ホテルが醸し出す重厚な雰囲気もありつつ、要所要所でクスッと笑える箇所もあり、緊張し続けることなく適度にリラックスできる映画でもあるところが良かった。

そして何より、伏線の回収に衝撃を受けた。

「まさかあの人が!」という驚きと「あの時の!」という気付きと、それを演じる俳優(女優)が姿を現した時、映画館の観客全員が息を飲んだ瞬間だったと思う。

この作品はミステリー愛好者でない私でも、ストーリー展開に置いていかれる感も無く、高級ホテルならではの見目麗しい調度品や衣装も楽しめる。
そして何より豪華なキャストがちょい役で出てくる贅沢さも味わえ、個人的には大満足だった。

最後のシーンはやや不可解な点もあったが、そこに個人個人の考察の余地が与えられているのかと思うと、鑑賞後もなお楽しめる要素があると感じた。

評価:

*この記事の口コミは管理人がアンケートを行い独自に調査したものです。

スポンサーリンク

-マスカレードホテル, 映画
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.