2018秋ドラマ リーガルV

リーガルV2話あらすじとネタバレ!斉藤由貴パワハラはでたらめ?

更新日:

リーガルV2話も面白かったですね!

今回も鉄道シーンから始まりました。鉄子キャラを毎回絡めてくるんでしょうか?

1話ではドクターXのイメージが強かった米倉涼子さんですが、リーガルVの鉄子キャラもなかなか面白いしいい味出してますよね。

あらすじとネタバレ見どころをまとめました。

スポンサーリンク

リーガルV 第2話 あらすじ

小鳥遊翔子(米倉涼子)が働く京極法律事務所に初めての依頼がきた。

依頼主は、世界的企業「太陽製紙」の元取締役だった永島美鈴(斉藤由貴)で、依頼内容は彼女が部下にパワハラをしていたという訴えがあり美鈴は、そのせいで会社を解雇された。

身に覚えのないパワハラで会社を解雇され、それが許せず美鈴は民事訴訟を起こしていた。

だが直前になって美鈴の担当弁護士が辞任してしまい、京極法律事務所にやってきたという事だった。

話しを聞いていた小鳥遊は、直前になって弁護士が辞任したという事は勝ち目がないと思ったからと考え断ろうとするが、美鈴は民事訴訟で損害賠償金として3億円以上も要求をしていた。

3億円に目がくらみ依頼を速攻で引き受ける

3億と言う金額を聞いた小鳥遊は、態度を180度変えて依頼を受ける。

もちろん担当弁護士はポチこと青島圭太(林遣都)、青島は、事務所の代表弁護士である京極雅彦(高橋英樹)と太陽製紙を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」へ向かう。

被告代理人の担当をしている白鳥美奈子(菜々緒)は、2人に美鈴がパワハラをしていたという証拠である音声データを渡した。

その音声データには、明らかに美鈴がパワハラをしていたという証拠だった。

これで負けは確定だと思っていたが、小鳥遊は音声データを聞いて何か可笑しいという事に気付き手分けして証拠を集めた。

そして、美鈴がパワハラをしていたという事はデタラメでパワハラを受けていたと証言していた部下達は、専務の指示に従ってやっていた事が明らかになり今回も京極法律事務所が勝った。

スポンサーリンク

リーガルV第2話斉藤由貴パワハラはでたらめ?

今回の2話でも鋭い勘を働かせた小鳥遊の動き。

美鈴は、会社を民事訴訟で訴え損害賠償金として3億という大金を手に入れようとしていた。

だが美鈴の行動に不自然を感じる小鳥遊は、他に何かあるのではないかと考えた。

会社で美鈴と親しいと思われていた城野優(平山浩行)に証人を頼んだが、当日城野は来なかった。

小鳥遊は、美鈴と城野に何かあったのではないかと考えた。

その後も証人を捕まえたが、京極のミスで証人は現れずおまけに法廷で青島がベラベラとこっちの動きを話してしまう。

城野と京極が捕まえた証人はFelix & Temma法律事務所が裏で手を回し城野は、会社側の証人として法廷に立つ事になった。

部下の弱みをつかみ証人に、小鳥遊の作戦勝ち

そこで小鳥遊は、こっちも同じ事をしようと美鈴にパワハラをされた部下を証人にするよう指示した。

その部下を尾行して弱みを掴み、部下を証人にするという作戦だった。

そしてその部下は、法廷に現れて全てを証言した。

美鈴のパワハラは全てデタラメで、証拠として提出された音声データも部分的に消されていただけでそのデータには続きがあった事も明らかになった。

そして見事、京極法律事務所が勝ち美鈴も会社から謝罪があった。

やっぱりパワハラはあった?!

パワハラの疑いが晴れた永島美鈴(斉藤由貴)

ですが小鳥遊は電車の中、裁判所であった女、中山あかねのことが気になり調べていた。

中山あかねは以前、永島の部下である事件をきっかけに永島から嫌がらせを受けて退職していたのです。

要するに・・永島は中山あかねにすごいパワハラをしていた!ということでした。

小鳥遊はその事実を知り、永島と中山あかねを会わせて謝罪させようとしますが永島は「お金で解決したい、示談にして」と小鳥遊に言います。

斉藤由貴はやっぱり悪女が似合う

パワハラ上司役を斉藤由貴さんが演じるという時点でワクワクしてました。

けど結局は会社で対立する派閥から陥れるための策略だったわけですが、これも小鳥遊が見抜いてうまく作戦を仕掛けたから逆転できた。

ポチ1人ではたぶん負け戦になったんだろうな~と想像できますね。

しかし斉藤由貴さんはやっぱり悪女役が似合いますね、これからどんどん2時間サスペンスとかに出てバンバン不倫する役とか演じてもらいたいですね。

菜々緒が悔しがる

裁判に負けたと知り、菜々緒さんが紙をくしゃっと丸めて悔しがるシーンはなんともいえませんでした。

だがやっぱり気になるのは、小鳥遊と海崎勇人(向井理)の関係ですよね。

そして小鳥遊はなぜ、弁護士資格を失うはめになったのか。

どのような展開になっていくのかとても楽しみです。

リーガルV 第3話 予想

親睦会として京極法律事務所のメンバーは、キャンプ場に来ていた。

だがそこでヤメ検弁護士の大鷹高志(勝村政信)と偶然出くわした。

このキャンプ場は、2ヶ月前に女性の撲殺体が見つかった場所で事件当日に被害女性と夫の浅野洋平(桐山漣)は、現場にいた事が判明したばかりだった。

浅野には愛人が居て、妻に多額の生命保険をかけていた。

それから浅野は世間から女の敵とバッシングされ、殺人容疑で逮捕された。

どう考えても情状酌量の余地がないというのに浅野は、事件当日愛人と会う為に先に帰って新宿に居たと無罪を主張していた。

こんな無謀な事件に大鷹は浅野の弁護を引き受けていた。

そして話しを聞いていた小鳥遊は、裁判で勝った場合京極法律事務所の手柄だと宣伝するという条件で調査の協力をする事になった。

早速詳しく事件を調べ直し、小鳥遊は大鷹と一緒に浅野の証言などを聞くがどれも嘘ばかりのような証言ばかりだった。

だが浅野は突然、新宿で高校時代の美術教師だった蟹江光晴(岡本信人)とその妻の光代(原日出子)に会い、会釈したと言った。

無実を証明出来るかもと思い、小鳥遊と大鷹はすぐさま蟹江夫妻が住む静岡へ向かった。

だが蟹江夫妻は、新宿には行っていないと言い無実の可能性はゼロになった。

果たして小鳥遊は、ここからどう挽回するのか?

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, リーガルV
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.