2018秋ドラマ リーガルV

リーガルV1話あらすじとネタバレ!鉄子キャラでドクターXより面白い?

更新日:

リーガルV面白かったですね~!キャストも豪華だし、ドクターX以上のドラマになるかもしれませんね!

リーガルV1話のあらすじと見どころ、2話の予想をしてみました。

スポンサーリンク

リーガルV 第1話 あらすじ

小鳥遊翔子(たかなししょうこ)=(米倉涼子)は、元々弁護士で以前まで業界大手のFelix & Temma法律事務所に所属していた。

だがある理由で弁護士の資格を剥奪される事になりFelix & Temma法律事務所を退社していた。

そんな小鳥遊は、崖の上に居た青島圭太(林遣都)と出会う。

青島は、敗訴が原因で依頼人の母を自殺へと追い込んでしまう結果となり悔しがっていたところに小鳥遊が現れた。

小鳥遊と青島は、面識があり以前青島はFelix & Temma法律事務所の面接を受けていて、小鳥遊に速攻落とされていた。

そして小鳥遊は、青島に事務所に来ないかとスカウトした。

そんな中、小鳥遊は青島だけでなくもう1人弁護士としてスカウトをしていた。

そのもう1人が大学教授を務めていて、弁護士資格を持ったペーパー弁護士の京極雅彦(高橋英樹)だった。

だが京極は何日か小鳥遊と連絡が取れず、後輩で元検事、現在弁護士をしている大鷹高志(勝村政信)に色々話すと大鷹は、絶対詐欺ですよと事務所の場所を突き止めた。

事務所には京極法律事務所と書かれていて、事務所は完璧に仕上がっていた。

パラリーガルも雇い、京極法律事務所は今すぐにでも弁護出来る状態でいた。

すると早速青山が痴漢の弁護依頼を持ってくる。痴漢の容疑で捕まった大手企業のサラリーマン安田。偶然電車に乗り合わせていた青島が弁護をすることになる。

最初は小鳥遊も他のメンバーもそこまでやる気を出さなかった。

痴漢事件では被害者の意見ありきで調書が作られる、痴漢事件の無実の証明は悪魔の証明と言われるほど難しい。

判決は99%有罪になる可能性が高い。翔子と青島は示談にしたほうが良いと安田を説得するが安田は「やってないのに示談なんてしたくない。自分の人生に嘘をつきたくない、絶対に嫌だ。」と言い張る。

話をするうちに安田が現在、会社で特許出願に関わる仕事に携わっていることがわかる。

その特許の殆どを安田が開発しており、推定利益は300億円も予想される。莫大な金額に翔子はなんとか安田の無実を証明するべく京極達とミーティングをする。

被害者の女子大生は安田に痴漢されたと法廷でも証言するが・・

鉄道の専門家、鉄道研究歴30年、鉄道検定1級を持つカリスマ鉄子

被害者の女子大生の当日の行動の矛盾を暴き出す。鉄子の鮮やかな証言により女子大生は自分の言い分を撤回し安田の無罪を勝ち取ることに成功する。

しかしこの痴漢冤罪事件には裏があった。実は安田が親友だと信じていた同僚である、富樫が仕組んだことだった。

小鳥遊の一言で全員が動き徹底的に調べ上げた結果見事勝利を掴んだ。

スポンサーリンク

リーガルV 第1話 まさかの鉄子キャラ

1話の見どころとなるのが、放送される前から宣伝などでも言われていた小鳥遊の鉄道好き。

全ての鉄道を把握し、鉄道バーというところにも日々通っている様子。

線の名前や駅名、駅弁も全て把握していて部屋中も鉄道だらけとなっている。

事務所に管理人としての部屋を作りそこに住み込む翔子、ベッドにはB寝台のプレートもついている。

カリスマ鉄子として法廷に証言に立つシーンがあったりと鉄道オタクならハイテンションになりそうなシーンが多かったことです。

こうして見ていると、鉄道ブームがくるんじゃないかと影響はかなりあるのではないでしょうか。

そしてまた見どころとなるのが、ドクターXではもちろん皆様もご存知の通り「私失敗しないので」が1番頭に残ってますよね。

ですが今回このリーガルVでは「だって私弁護士資格なんいんだもん」という言葉が全話に出てくるのではないかと思っています。

1話でも何回か出てくるので注目して、見てみてください。でもやはり注目するべきなのは、京極法律事務所達のメンバーですよね。

みんな個性豊かで今後どのようになっていくのか、そして毎回京極の背後に居る大鷹。

ドクターXの時と似たような感じで、小鳥遊との掛け合いのセリフもあったり思わずデーモンと言うのではないか?と思わされるくらい2人の息はぴったり。

今後の小鳥遊と大鷹の掛け合いにも是非注目してみてください。

リーガルVツイッターの評判は?

ツイッターの評判を見てます♪

・ドクターX感がすんごい。 最後の米倉涼子さんの表情とかもう大門未知子だしCMに入る前とかの文字とか全部ドクターX

・大門未知子がもしも弁護士事務所をやったら、ってドラマにしか見えない私、敗訴しないので、とか言いそう。笑

・「新社会人かと思った!」 安達祐実、ドラマ「リーガルV」のフレッシュなスーツ姿がやっぱり若い

・資格はく奪されてる設定、今から取りやめないか?米倉さんが法廷に立つのが見たいんだ.

・読売新聞朝刊 勧善懲悪、歯切れよく、パロディ満載のセリフ、華やかな共演陣。 全方位型のエンターテイメントだ。

・カリスマ鉄子!?

・まさかの鉄道愛が多めに描かれている

初回視聴率なんと15%!ドクターXより面白いと上々の評判のようです。

ドクターXの製作スタッフがリーガルVにも関わっているので、ドクターXをかなり意識した作りなのかなと感じました。

翔子は鉄道オタクという設定のようですね、今後もどういう鉄子ぶりを見せてくれるのか楽しみです。

リーガルV 第2話の予想

前回、青島が持ってきた痴漢の裁判で見事京極法律事務所が勝ち何とかやっていけそうという状況だった。

そして、まさかの京極法律事務所に弁護を依頼したいという女性が現れた。

女性は、世界的企業「太陽製紙」の元取締役で女性初の役員として活躍されていた永島美鈴(斉藤由貴)。

美鈴は、部下の3人からパワハラで告発されている状況で、美鈴は納得いかず会社に損害賠償を請求する民事訴訟を起こした。

だが口頭弁論直前に担当弁護士が辞任してしまい、京極法律事務所に来たという。

話しを聞いていた小鳥遊は、弁護士が降りたという事は、最初から勝ち目がないからだと考え断ろうとするが実は、美鈴が要求している損害賠償額は3億円を上回る金額だった。

お金に目がくらみ、成功報酬を期待して弁護を引き受ける事になった。

美鈴の指名で、青島が担当する事になり青島と京極はFelix & Temma法律事務所へ行く。

そこで被告代理人の白鳥美奈子(菜々緒)がある音声データを聞かせた。

明らかに美鈴がパワハラをしていた証拠で、2人は早くも敗訴確定だと思ってしまった。

果たして小鳥遊はここからどう挽回して、美鈴の無実を証明するのか?

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, リーガルV
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.