2018秋ドラマ リーガルV

リーガルV8話ネタバレ京極事務所解散の危機?翔子が天馬を訴える?

更新日:

リーガルV8話ネタバレ京極事務所解散の危機?翔子が天馬を訴える?

リーガルV7話のあらすじはこちら♪

リーガルVもいよいよ最終章に突入、天馬がなぜそこまで翔子を追い詰めるのかが明らかになるのでしょうか?

リーガルV8話は12月6日(木)夜21:00~放送です。

スポンサーリンク

リーガルV8話あらすじ

翔子(米倉涼子)はかつて弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と面会する。NPO法人の幹部職員を殺害した至だが、翔子は事件の奥に何かがあると直感。

京極法律事務所の面々も協力し、背景を探る!その矢先、天馬(小日向文世)の差し金で弁護士会から業務停止処分の可能性を記載した警告書が事務所に届く

。しかもその直後、翔子がこつ然と姿を消してしまう!翔子を失ったメンバーは次々に去っていき、事務所は解散の危機に…!?
引用:yahoo!テレビ 

スポンサーリンク

リーガルV8話登場人物

大峰聡(おおみね・さとし)………速水もこみち

NPO法人「貧困を救う会」の代表。幼少期に貧困で苦しんだ経験があり、同じ境遇の児童たちを救うために「貧困を救う会」を発足。食事の無料提供や教育就労支援を通して、多くの貧困児童を救ってきた。現在は募金イベントも積極的に開催し、貧困児童救済の必要性を世に広く訴えかけている。

守屋至(もりや・いたる)………寛一郎

小鳥遊翔子が以前、弁護していた青年。NPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹を殺害した罪で9年の実刑判決を受け、刑務所に収容されている。青島圭太との交流を経て、1年ぶりに翔子と面会する決意をする。

守屋未久(もりや・みく)………久保田紗友

守屋至の妹。至の話によると、現在はアルバイトをしながら、大学の夜間部で法律の勉強をしているらしい。優秀な妹の邪魔をしたくないという至の図らいで、刑務所にも面会に来ていないそうだが…!?

引用:リーガルV公式サイト

リーガルV8話ネタバレ京極事務所解散の危機?

京極法律事務所は、集団訴訟で勝訴をしたおかげで相談者が続々と増え大賑わいだった。

そんな中、小鳥遊翔子(米倉涼子)が弁護士資格を失うきっかけとなった受刑者の守屋至(寛一郎)と1年ぶりに面会した。

守屋は、翔子が弁護士として最後に担当した事件の加害者で当時公園でNPO法人「貧困を救う会」の幹部職員だった市瀬徹(夙川アトム)を殺害した。

守屋は自ら罪を認め、懲役9年の実刑判決を受け受刑中。

翔子は、守屋の弁護を担当するも事件には何か裏がある考え調べると貧困を救う会の裏には、暴力団が絡んでいる事が分かり翔子は暴力団と接触をしそれが週刊誌などに掲載され、弁護士資格を失った。

弁護士資格を失っても守屋の事件だけは、どうしても諦めきれず青島圭太(林遣都)に弁護を担当してもらうようお願いした。

天馬が京極法律事務所を潰しにかかってくる

青島は、何度か守屋に面会し京極法律事務所メンバー全員が守屋の事件について調べていると、Felix&Temma法律事務所代表の天馬壮一郎(小日向文世)が潰しにかかってくる。

翔子は、姿を消したと思われたが実際は守屋の妹へ会いに行き他のメンバー全員も貧困を救う会について調べていた。

そしてFelix&Temma法律事務所の海崎勇人(向井理)と白鳥美奈子(菜々緒)も天馬には、内緒で裏で天馬と貧困を救う会の代表である大峰聡(速水もこみち)の接点を調べ始めた。

リーガルV第8話翔子が天馬を訴える?

翔子は、弁護士資格を失っても守屋の事件だけはどうしても忘れる事が出来ず京極法律事務所メンバー全員で、守屋の事件を片っ端から調べる事になった。

守屋が妹と通っていた貧困を救う会には、裏で暴力団も関わっており天馬も弁護士として関わっていた。

翔子達は、貧困を救う会の事や天馬と大峰の接点、守屋と市瀬はほんとに面識がなかったのか詳しく調べた。

一方、海崎も貧困を救う会の事が気になり翔子から弁護担当を引き継いだ白鳥に色々詳しい事を聞き、海崎と白鳥は天馬には内緒で裏で色々と調べ始めていた。

そして白鳥は、天馬の毛髪を取り何やら検査にかけたみたいでしたが、ここは私の予想ですがおそらく天馬と大峰は親子なんでしょうね。

翔子は天馬を訴える

翔子達は、大峰の母親と天馬が同じ大学の先輩・後輩関係だった事を掴んでいましたから多分天馬と大峰は親子なのでは?

事件の真相がどんどん明白になり、守屋は受刑中の為、裁判を起こすのは無理なので翔子は自ら天馬を訴え、ここで守屋の事件の全てを明らかにすると言った。

訴えられた天馬は、海崎に自分が弁護を担当しましょうかと言い、海崎はいかにも天馬が負けるような発言をし相手はあの小鳥遊翔子ですよと天馬も焦りを見せた。

やっと全てが明らかになりますね。とても楽しみです。

リーガルVの見逃し配信はこちら>>

事件の裏には一体何が!?9話予想ネタバレ

翔子は、守屋の事件を担当する事になり事件の裏には何かがあると睨んで事件の事について調べ、その際暴力団が絡んでいたと思い危ないと分かっていながら暴力団と接触した。

そのせいで翔子は、でたらめな記事の掲載などから弁護士資格を剥奪されFelix&Temma法律事務所を辞め1年間姿を消していた。

だが再び京極法律事務所という事務所を立ち上げ、翔子は管理人として事務所のみんなといろんな事件を調べ勝訴を勝ち取ってきた。

だが今回の守屋の事件には、天馬も絡んでおり天馬の圧力はとんでもなく強かった。翔子は守屋の事件を法廷で明らかにする為、天馬を訴えた。

守屋は事件の事について、全て翔子に自白。翔子は事件当時、守屋が市瀬を殺す際に市瀬が持っていた鍵を翔子に話し、京極法律事務所メンバーは鍵がどこの鍵なのか探し回った。

だが天馬の圧力か、京極雅彦(高橋英樹)と伊藤理恵(安達祐実)は逮捕され馬場雄一(荒川良々)と茅野明(三浦翔平)は、暴力団に襲われて病院送りとなった。

これは、守屋の事件の真相を暴くと共に翔子と天馬の闘いでもある。

翔子が弁護士だった時に守屋が自白していれば、守屋の妹が苦しむ事も守屋が懲役9年の実刑になる事も翔子が弁護士資格剥奪する事もなかった。

果たして翔子は、天馬に勝つ事が出来るのか!?京極法律事務所メンバー全員無事に勝訴を勝ち取る事は出来るのか!?

 

リーガルV最終話のあらすじとネタバレはこちら>>

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, リーガルV
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.