2018秋ドラマ リーガルV

リーガルV7話キレた白鳥に海崎の反応が!理恵の証言シーンに涙

更新日:

リーガルV7話キレた白鳥に海崎の反応が!理恵の証言シーンに涙

リーガルV6話のあらすじはこちら♪

リーガルV7話では集団訴訟になりますが、果たして翔子たちは勝てるのでしょうか?

スポンサーリンク

リーガルV7話あらすじ

婚活詐欺を繰り返す高級婚活相談所・ローズブライダルを相手に、集団訴訟を起こそうとする京極法律事務所。

そんな中、社会学者・高市哲也(野間口徹)もかつて騙されたらしいという情報が!

人気コメンテーターでもある高市が声を上げれば、世の流れは一気に変わるはずだが、本人はその事実を認めようとはせず…

そしてパラリーガル・茅野(三浦翔平)が思いがけず、“ある意外な人物"に関する“実に興味深いネタ"を入手してきて…

引用:yahoo!テレビ 

スポンサーリンク

リーガルV7話出演者

塩見一郎(しおみ・いちろう)………矢部太郎

婚活詐欺の被害者。母親が生きているうちに孫を見せてあげたい一心で、結婚を焦り、高級婚活相談所「ローズブライダル」に入会。そこで紹介された藤原夏純と婚約した。ところが、夏純の勧めで粗悪な土地を買わされた挙げ句、音信不通になってしまい、婚活詐欺に遭ったことが判明する。お人好しで気が弱い反面、自尊心は強い。裁判に関しても、いい恥さらしだと消極的だったが…!?

相田栞(あいだ・しおり)………東ちづる

高級婚活相談所「ローズブライダル」の代表。入会金は30万円もするが、手厚いサポートを売りにして業績を上げている。だが、その裏では巧妙な手口で、会員たちからさらなる大金を巻き上げる詐欺行為を繰り返している。被害者の一人・塩見一郎に訴えられるも、第一審では勝訴したが…!?

我妻憲史郎(あがつま・けんしろう)………国広富之

国内最大のコンピューター企業「ミカド通信」の会長。「Felix & Temma法律事務所」の最大のクライアントで、政財界からも一目置かれる人物。

高市哲也(たかいち・てつや)………野間口徹

コメンテーターとしても活躍する社会学者。フェミニストとして「Me Too」運動を支援しており、国民的好感度も高い。かつて「ローズブライダル」にだまされた一人だという情報もあるが、本人は否定する。

守屋至(もりや・いたる)………寛一郎

小鳥遊翔子が以前、弁護していた青年。殺人事件で9年の実刑判決を受け、刑務所に収容されている。翔子に頼まれて、事件の話を聞きに来る青島圭太に、なかなか心を開こうとせず…。

スポンサーリンク

理恵の証言シーンに涙・・

ローズブライダルに集団訴訟をを起こす事になった翔子達だったが、長引くのを嫌がり、男女10人しか集まらず原告団を起こした。相手の弁護士の白鳥(菜々緒)もローズブライダルの会員と分かり誘うが断られる。

翔子を誹謗中傷する記事で更に人数が減る中裁判を迎えます。理恵が海崎の尋問により前科持ちと責められ上手く揺さぶられて劣勢となる。

しかし、被害者の一人で有名人の高市が加わり次第に原告団は50人になる。

そんな時ローズブライダルの元副代表の薮谷が現れる。その人物から詐欺マニュアルを手に入れたと天馬の事務所で和解を進めるが、天馬に揺さぶられてピンチに陥る。

そこへ馬場がスマホに被告の相田と我妻の密会映像を見つけ、天馬に突きつけて和解は成立する。相田を土下座させ、訴訟は解決するが、その後青島に言われ守屋に会いに行く翔子だったがそこで天馬と顔を合わせるのだった…。

裁判になり、前科のある理恵の証言は信憑性が無いと海崎から攻撃されたシーンが特に興味深く尚且つ感動させられたシーンでした。

理恵を演じた安達祐実さんの「過去に罪を犯した人数には司法の正当な判断をあおぐ事は出来ないんですか。」という台詞が心に刺さり気持ちが一緒になって理恵を応援してしまいました。

もう一人パラリーガルの馬場がミカド通信の我妻会長と被告の相田がキスをしている決定的な映像を見つけて二人の関係を暴き、天馬の大事な顧客の我妻の秘密を突きつけて和解へ持ち込むというきっかけを作ったこと。

天馬を悔しがらせ苦虫を噛み潰した様な顔を見てとてもスッキリとしました。

最後のローズブライダル代表のひねくれた態度に腹が立ちましたが、味方である菜々緒がキレて土下座をさせる場面がスカッとしました。

米倉と菜々緒の美脚揃いも女性の私でも惚れ惚れしました。

リーガルVの見逃し配信はこちら>>

キレた菜々緒を見た向井理のしぐさがかわいすぎ!?ツイッターの反応

詐欺で散々会員を苦しめたんでしょ・・?ちゃんと土下座しなさいよっ! 頭を床にこすりつけなさいよっっ!!

ブチギレる菜々緒さまの美しいこと~♡どうせならあの美脚でもっとブチギレて欲しかった。

その白鳥(菜々緒)を見てハッ!?とばかりに持ってるファイルで口元を隠す海崎(向井理)のしぐさがなんとも言えずかわいかったですね。

リーガルV8話の予想

裁判に勝ち、士気が上がる京極法律事務所だったのに、守屋の所から帰った翔子は何か思い詰めた様に居なくなる。

事務所も業務停止処分となり皆去って行く中、翔子は守屋がなぜNPO法人の貧困を救う会の市瀬を刺し殺したのか守屋の妹を訪ねもう一度事件に向き合う覚悟を決め戻って来る。

守屋に面会し「本当に悪いヤツと、戦いましょう」と話して天馬と対決する意志を見せる。

天馬は弁護士に戻れるよう力を尽くすと翔子に近寄るが、その真意に気付いていた翔子はその誘いを断り対決姿勢を見せるのだった…。という様な物語の予想が考えられます。

こんなに敏腕なのに、なぜ小鳥遊が弁護士資格を剥奪されたのか、キーマンである人々が浮き出すようだし彼女にそこまでさせた事件がとても気になります。

どこまでも邪魔する対抗勢力に対して最終回に向けてどういう風に進んでいくのか、弁護士として、何がアウトだったのかとても気になります。

また、小鳥遊が事務所を去ってしまうのかも気になるところです。

 

リーガルV8話のあらすじとネタバレはこちら>>

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, リーガルV
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.