ウオーキングデッド 海外ドラマ

ウォーキング デッドって何が面白い?おすすめの理由4つ

更新日:

全世界で圧倒的な人気を誇っている「ウォーキングデッド」

現在シーズン8まで放送が終了し、2018年9月にはシーズン9の放送が決定しています。

放送がない時期にも、出演者の契約のことなどで常に話題になっているドラマでもあります。

スポンサーリンク

ウオーキングデッドが面白い4つの理由!

なぜこんなに「ウォーキングデッド」にはまってしまうのでしょうか?その理由を考えてみました。

1.やっぱり大好きゾンビ!

「ウォーキングデッド」の世界は”人間世界がゾンビの世界になってしまった”というとことからドラマが始まります。

「ウォーキングデッド」ではゾンビではなく、「ウォーカー」と呼んでいますが、世の中がウォーカーだらけの世界になっているのです。

非日常の世界ですが、非日常だからこそはまっています。初めてウォーカーに襲われるシーンを見たときの恐怖は今でも忘れられません。

怖いけど「怖いもの見たさ」という感情もあります。そしてその恐怖と興味がどんどん「ウォーキングデッド」の世界に引き摺り込みます。

アメリカ人はゾンビ大好きですけど、日本ではあまりゾンビ物の作品はありません。

ゾンビという目新しい斬新なドラマに、私たちは食いついてしまったのです。

2.キャストへの感情移入

シーズン1の放送から考えるとこの8年間でたくさんの登場人物が出てきました。8年間で続けているキャストもいますし、途中から参加のキャストもいます。

そのたくさんいるキャストの誰かに感情移入することができます。それは悪役とされる人物にも感情移入できるのです。

ウォーカーだらけの世界になってしまい、もはや善悪すら分からなくなってしまっています。そんな世界でとにかく生き延びることだけがみんなの望みなのです。

生き残るためには、人殺しすらしなくてはいきません。

その時登場人物達が何を選び、どう行動するかによって視聴者も一喜一憂します。

好きなキャラクターができ、そのキャラクターが生き延びることを応援するようになっています。

シーズンの最初の頃は対ウォーカーだったので、あまり選択肢はありませんでしたが、途中から対人間という構図になってきました。

そうなってくるとたくさんの感情が湧き上がってきます。なのでより登場人物に感情移入してしまうのです。

今ウォーキングデッドファンが思っていることは、自分のお気に入りのキャラクターが長く生き延びることだと思います。

スポンサーリンク

3.残り少ないシーズン1からの登場人物

上記でも書いたように、ウォーキングデッドの楽しみの1つに登場人物に感情移入することができる点があります。

その中でもシーズン1からの登場人物には思い入れが強くなります。8年も見ていると、なんだか仲間のような気持ちになっています。

シーズン8ではカールというみんなの希望でもあった人物が死んでしまいました。

シーズン1から出続けているキャラクターはリック、ダリル、キャロルの3人だけです。

この3人の8年分の人生を見てきているので、3人には頑張って欲しいのです。

でも主人公のリックに関してはここ数日ファンにとっては悲しい噂が出ています。

真実かどうかは分かりませんが、シーズン9でその真相を確かめたいです。

4.誰が死ぬかわからない緊張感

「ウォーキングデッド」ではウォーカーや敵の人間によって登場人物が次々と死んでいきます。

それは人気のキャラクターであっても関係ありません。

シーズン1から出ていたグレンやカールもかなり人気のキャラクターでしたが、それぞれシーズン7、8で死んでしまいました。

ファンからは悲しみの声がたくさん挙がっていました。

まさかの展開でしたが、この展開がファンを魅了し続けるのです。自分の好きな登場人物がいつ死ぬか分からない。

緊張感が病みつきになるし、ハラハラドキドキする展開にドラマを見ることが楽しくなってしまうのです。

ここまで「ウォーキングデッド」が人気の理由を4つあげましたが、もちろんもっとたくさんあります。

今回は登場人物に関係する人気の理由をメインにして見ました。

ぜひ、あなたの好きな登場人物を見続けて、ウォーカーの世界を生き残れるように応援してください。

スポンサーリンク

-ウオーキングデッド, 海外ドラマ
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.