2019冬ドラマ 初めて恋をした日に読む話

初めて恋をした日に読む語の深キョンが可愛い!流星にくそBBA呼ばわり?

更新日:

初めて恋をした日に読む語の深キョンが可愛い!流星にくそBBA呼ばわり?

初めて恋をした日に読む語の1話が1月15日(火)夜22時に放送されましたね~。とりあえず感想書きたいと思いま~す♪

スポンサーリンク

はじ恋の深キョンが可愛い!

もうとにかく春見順子の深田恭子、深キョンが可愛いすぎます。32歳のアラサーの設定で実年齢と近いけど、順子はいろいろしくじってる残念なアラサーの役。

実際の深キョンはモテまくりだと思うけど、ドラマの順子は学生時代は東大受験にすべてを捧げていたため、青春とか恋愛とかキラキラしておらず由利匡平(横浜流星)のピンク頭を見ていちいち、感傷にふけったりして・・とほんと~っに残念なアラサー。

あああでもマジでかうぃい。。

流星にくそBBA呼ばわりされる深キョン・・

スポンサーリンク

由利匡平(横浜流星)にくそBBA呼ばわりされるは、匡平の連れにも”おばさん”呼ばわりされてます。

こんなに可愛いい深キョンをおばさん呼ばわりするドラマがあっていいんだろうか・・?

初めて恋をした日に読む話第1話あらすじ

恋も受験も就職も失敗した32歳のアラサー女子・春見順子(深田恭子)は、やる気も希望も何もなくクビ寸前な三流予備校「山王ゼミナール」で講師をする日々を送っていた。そんな順子に、いとこで東大出のエリート商社マン・八雲雅志(永山絢斗)は、ひそかに想いを寄せているのだが、恋愛方面には全く免疫がなく、スーパー鈍感な順子は雅志の気持ちに全く気付いていない。
ある日、ひょんなことから知り合ったピンク髪のイケメン不良高校生・由利匡平(横浜流星)が「俺を東大に入れてくんない?」と順子のいる山王ゼミナールにやって来て――!? 名前を書けば入れるおバカ高校の生徒が東大合格なんて…ましてや東大受験に失敗した私が人を東大に合格させるなんて、絶対に無理!と断る順子だったが…。いちいち残念な32歳しくじり鈍感女子は、運命の恋に巡り会うことができるのか!?

初めて恋をした日に読む話の犬のとろろの犬種は?値段や性格は?

初めて恋をした日に読む語のキャストあらすじ!深キョンがアラサーだけどモテまくる!

漫画のあらすじからすると、由利匡平(横浜流星)は春見順子(深田恭子)に恋しちゃいます。そして春見順子(深田恭子)も由利に心惹かれていく・・両想いの展開!?

スポンサーリンク

-2019冬ドラマ, 初めて恋をした日に読む話
-,

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.