2019冬ドラマ 後妻業

後妻業2話大阪弁が変だけど面白い!朋美は小夜子に疑いを持つ?

更新日:

後妻業2話大阪弁が変だけど面白い!朋美は小夜子に疑いを持つ?

後妻業2話は1月29日火曜日夜9時放送です。

後妻業1話ネタバレ木村佳乃の関西弁が下手すぎ!濱田マリに安心感?

木村佳乃さんの悪女っぷりが怖すぎィ!! 1話では変な関西弁が話題になってましたが2話の関西弁もやっぱり変。

スポンサーリンク

後妻業2話あらすじ

裕福な高齢者を惑わせ妻となり、夫の死後に多額の遺産を手にする“後妻業"で荒稼ぎする小夜子(木村佳乃)は、ある日、後妻に入った中瀬耕造(泉谷しげる)が金庫に多額の財産を隠し持っていることに気づく。

するとその矢先、小夜子の思惑どおり、耕造が病に倒れて入院。その隙に、小夜子はバディの柏木(高橋克典)と結託し、金庫を開けることに成功する。

中には不動産の権利書や預金通帳など、総額4000万円のお宝!早速2人は、それらを解約して現金を手に入れようとするが… 何としても金を手に入れたい小夜子は、後日、解約を渋る銀行の担当者を病室へ招き入れ、意識がもうろうとする耕造に、なかば強引に口座解約の意思表示をさせる。

こうして、まんまと大金を手に入れた小夜子だったが、偶然、東京で暮らす耕造の次女・朋美(木村多江)の依頼を受け、小夜子の調査をしに大阪へ来ていた探偵の本多(伊原剛志)に、バッグの中の札束を見られてしまう。

同じころ、ひとまず容体が安定したことを理由に、病院から耕造の転院を迫られた朋美と姉の尚子(濱田マリ)。在宅介護の可能性も示唆された姉妹は、お互い仕事や家事を理由に面倒を押しつけ合う。そんななか、本多から小夜子が大金を持っていたと報告を受けた朋美は、ますます小夜子への疑いを強める。一方で、仕事とはいえ親身に相談にのってくれる先輩の本多に、かつての胸の高鳴りを思い出し……。

引用:yahoo!TV 

スポンサーリンク

後妻業2話朋美は小夜子に疑いを持つ?

後妻業で荒稼ぎしている竹内小夜子(木村佳乃)は、後妻に入った中瀬耕造(泉谷しげる)が入院中の間に中々開ける事が出来なかった金庫を開ける為、柏木亨(高橋克典)が金庫開ける専門の男を雇い開けてもらう事に。

すると金庫の中からは、預金通帳や不動産の権利書など総額4000万円のお宝が出てきた。

小夜子と柏木は、早速全ての物を解約しようと銀行へ行き解約手続きをお願いするが銀行側からは、本人の承諾がないと解約出来ないと言われてしまう。

何としてでもお金を手に入れたい小夜子は、耕造の娘・朋美(木村多江)と尚子(濱田マリ)に病院側から転院するよう言われていると話す。朋美は、自分達が話しを聞くと言い後日、朋美と尚子は病院で先生から話しを聞く。

耕造の金を手に入れることに成功する

その間に小夜子は耕造の病室に銀行の人達を招き入れ、耕造に口座解約の意思表示をさせ小夜子と柏木はお金を手に入れた。

一方、朋美の依頼で小夜子を調べていた本多芳則(伊原剛志)が偶然小夜子と鉢合わせ、本多は小夜子が大金を持っている事に気付く。

小夜子と柏木は、お金を手に入れ耕造の遺産も手に入れていた為もう耕造は必要なくなっていた。

耕造が亡くなる

朋美と尚子は、病院から転院するよう言われており転院先が見つからなければ在宅介護になると言われ、その責任を押し付け合っていた。

だが耕造は、突然息を引き取ってしまった。

小夜子と朋美は、葬儀の話しになり400万のうち200万は小夜子が払い残りの200万は朋美達が払う事になった。

だが朋美は数日前に本多から小夜子が大金を持っていたと聞いており、思い出したかのように耕造は「少しでも貯金してあったはずじゃない?」と言うも小夜子は朋美に遺産についての紙を見せ遺産は全て自分の物だと言い放つ。

小夜子に疑いを持つ朋美

それと同時に小夜子と耕造が籍を入れていなかったを知り、朋美はやましい事でも?と聞くが、逆にと小夜子から「あなたも籍入れていないでしょ?それって何かやましい事でも?」と言われてしまう。

朋美が、やましいことはないと答えると小夜子も一緒だと言うので朋美は何も言い返せなかった。

そして葬儀も終わり、小夜子の仕事は終了。

だがやっと小夜子の過去を知った本多は、朋美に伝えこれまで小夜子は3回結婚していた事が分かった。

しかも3回結婚した相手は、どれも高齢者で2年以内に死亡していた。

恐らく耕造も小夜子に殺されたと思った朋美は、小夜子が耕造を殺したという証拠を見つけたいと本多に言い本多も小夜子の身辺調査を始める。

スポンサーリンク

後妻業2話Twitterの評判!大阪弁が変だけど面白い!?

1話から小夜子(木村佳乃)の大阪弁がイントネーションがおかしすぎて受け付けないとか、変だと話題になっていましたね~木村佳乃さんだけでなく伊原剛志さんの関西弁もねぇ・・上手とは言えないですよね。

ですが大阪弁は変だけどドラマとしては結構面白いんじゃないと思うようになってきましたね。テーマが後妻業なので面白いという表現は不適切かもしれませんが・・

もし遺産目当てで、小夜子が耕造に何かしらの事をして殺したとなれば犯罪ですけどあの感じからすると小夜子が殺してない可能性もありますよね?

実際現実では、パパ活などしている若者もいる時代ですからこういった後妻業っていうのも普通に現実であるのかもしれないですね。

小夜子と柏木の息の合ったコンビネーション、ほんと面白くて最高ですね。

1話で耕三(泉谷しげる)にムチャさせてたのはすごく胸が痛いと言うか見てて嫌な気持ちになりましたけど、今後の展開は楽しみでもあります。

後妻業 第3話 予想

耕造の葬儀も終わって休む事なく、小夜子と柏木は次のターゲットを見つけ小夜子はすぐさま会いに行った。

次のターゲットは、大手外食チェーンの会長を務める富樫幹夫(佐藤蛾次郎)で幹夫は認知症を患っていた。

認知症のせいで、さすがの小夜子もお手上げ状態になっていた。

一方、小夜子の過去を知った朋美と本多は早速小夜子の事について調べ始めた。

すると3番目の夫・武内宗治郎が不可解な死を遂げていた事が分かり亡くなった宗治郎の家族に話を聞くと小夜子がなぜ耕造と籍を入れなかったのか理由が明らかになる。

だが朋美は、小夜子の事も気になっていたが内縁の夫・佐藤司郎(長谷川朝晴)が山本絵美里(田中道子)と浮気しているのではないかと疑い始めていた。

そして本多は、耕造を含めた他3人が柏木が経営する結婚相談所のブライダル微祥に入会していた事まで突き止めた。

朋美は、我慢出来ず小夜子の家に押しかけあれこれ言うも小夜子の話術で何も言い返す事が出来ず、とっさにあなた後妻業よねと言ってしまった。

しかし小夜子は、その言葉にひるむ事なくとんでもない言葉を口に出す。果たして小夜子と柏木の後妻業は、バレてしまうのか!?

後妻業4話ネタバレW木村の胸を触る蛾次朗が羨ましい?介護セクハラ?

スポンサーリンク

-2019冬ドラマ, 後妻業
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.