2018秋ドラマ 大恋愛

大恋愛4話あらすじ秒で振られる侑一が切ない!真司は別れを決意?

更新日:

大恋愛4話あらすじとネタバレ秒で振られる侑一が切ない!真司は尚と別れを決意?

大恋愛3話のあらすじはこちら♪

大恋愛運はめちゃめちゃ切なかった~まさか、ムロツヨシと松岡昌宏にこんなに泣かされるなんてっ!

スポンサーリンク

大恋愛4話あらすじ

北澤尚(戸田恵梨香)と一緒に暮らしていく為にお金を稼ごうと間宮真司(ムロツヨシ)は、これまでにないくらい仕事の量を増やした。

だが体が限界を突破し真司は倒れて病院に搬送された。

連絡を受けた尚は、急いで病院へ行き真司を強く抱きしめた。

そこで尚が言葉にしたのは好き、侑市さん、だった。

名前を呼び間違えたことに気づく尚

真司は尚の事を思って黙って見過ごしたが、尚の言葉がどうしても忘れられなかった。

帰宅した尚は、お風呂を沸かしてお湯を沸かすがつい寝てしまい起きた瞬間、自分がお風呂やお湯を沸かした事を思い出せずパニックになった尚は"どうしよ、侑市さん"と口にした。

そこで尚は、真司の名前を言い間違えたのではないかと不安になり真司に聞くが、真司は何それ?と言って何も言わなかった。

その後、真司の家にバイト先の先輩である木村明男(富澤たけし)が訪れ、バイト先に置きっ放しだった真司のパソコンを持って来てくれた。

木村は、真司が元々小説家である事を知り尚は嬉しそうに真司の小説について熱弁した。

こんな楽しく過ごしていた尚だったが、尚が働くクリニックで尚がアルツハイマーではないのかとネットで拡散され、患者のほとんどが予約キャンセル。

医師免許が剥奪されるとこまでになったが、付き添ってくれた侑市のおかげで何とか免許の剥奪は真逃れた。

そしてその夜、尚と真司は喧嘩になり真司は入院中考えてた事を全て尚に打ち明け尚は家を出て行くが、また戻ってきた。

でも真司は、尚に別れようと告げた。

スポンサーリンク

大恋愛4話ネタバレ!

真司の名前を言い間違えたかもと不安になる尚に真司は、尚の為を思って知らないフリをした。

尚は、最近病気の進行が早く進んでるかもしれないと不安になり侑市に相談したが、侑市はMCIは進行が早く進む事はないと言い大丈夫だよと伝えた。

ネットのクチコミ掲示板に書き込んだのは・・?

仕事も恋愛も充実していた尚だったが、尚の病気がネットのクチコミ掲示板に書き込まれたり、 クリニックでも噂になり予約していた患者はほとんどキャンセルされてしまう。

尚の病気のことをチクったのは、北澤レディースクリニックの患者で尚の診察を受けていた主婦だった。

尚の診察時に言われたことと、薫の診察内容とが噛み合わないことから不信感を持っていたとき、偶然尚が病院に診察に来るところを目撃、不審に思い尚の担当医を検索する。

尚の担当医である”井原侑一”がアルツハイマーの権威だと知り、尚がアルツハイマーではないかという疑いを抱く。

この主婦は偉い役人の奥さんだったため厚生労働省も無視できず審議に乗り出したという裏事情があった。

しかも医師免許の剥奪審議にまでなってしまうが、そこでもまた侑市に助けられる。

侑市に助けられた尚

侑市は、MCIでも医師業務には全く問題がないこと、アルツハイマーを患っている他の医師でも診察を続けている人がいる事を説明。尚に関しても日常生活には支障がないし、医師業務を続けても影響がないとの診断をしていたことを話す。

しかし、尚は自分がMCIだと分かった時点で「患者さんの利益にならない」としきっぱりと診療をやめたことなどを話し理解を求めた。

その結果医師免許の剥奪にはならず無事に終わることができた。

真司と尚がケンカ

その話しを全て聞いていた真司は、尚が真司の名前を言い間違えた事も真司に恋したのは病気のせいなんじゃないかと思っていた事を、全て尚にぶつけた。

その結果言い争いになる・・。

尚は話しにならないと言って家を飛び出すとそこには、尚を待つ侑市が居た。

侑一秒でふられる、真司は別れを決意

侑市は尚に会いたくなってどうしていいかわからないけど来た、1時間ぐらい待ってた、僕には尚が必要なんだと告白する。

だが尚は迷う事なく自分が愛してるのは間宮真司だと言って、真司の家に急いで戻った。

尚は、ごめんと謝り真司の事を好きになったのは病気とは何の関係もないと伝えるが、真司が出した答えは別れようだった。

スポンサーリンク

侑一の母

薫は買い物をしていると侑一の母、千賀子と偶然出会う。

千賀子に娘さんはその後いかがですか?と聞かれ、薫は ”井原先生には本当にお世話になっています”と挨拶する。

すると千賀子は顔色を変え、”どういうことです?ちょっと非常識じゃありません”と激怒する。

薫は” 井原先生はアルツハイマーの権威でいらっしゃるので ・・”と言うと、千賀子は”それはそちらの理屈でしょ、次からは他の医師の診察を受けてくださいね!”と言う。

千賀子は侑一が尚の主治医だったことを知らなかったようだった。

侑一の婚活

尚との婚約を解消したてから今までに3人の女性と見合いをするも、3人とも個性が強くまた侑一が気に入った相手はいなかった。

千賀子は侑一に新たに相手を見つけてもらおうと思い見合いの相手を探してきた。

今度の相手は同じく医師、しかも大病院の娘だと言う。年齢的にも申し分なく侑一は早速会うことに。

見合い相手は医師らしく最初に自分の健康診断のデータを持ってくる。

意気投合した二人は付き合うことになる・・。

今回の4話はどのシーンもよかったですけど、私個人としては最後のシーンが切なくて1番好きです。

大恋愛4話ツイッターの反応、評判は?

井原先生2回ふられるっていう・・しかも秒で、悲しすぎます。

侑一に告られたことで、尚は真司のことを好きになったら病気のせいじゃないとはっきり気がついたのに、真司は自分では病気の尚を支えきれないと思い別れようと言い出す。

せつなすぎぃ!!4話は登場人物全てが切ない回ですね。みんなが幸せになる日は来るんでしょうか?

大恋愛、5話の予想

真司は、尚の病気の事を必死に考えて別れを選んだ。

落ち込んだ尚の姿を見ていた尚の母・北澤薫(草刈民代)は、真司に会いに行く。

だがそんな真司は、尚と顔合わせるのが嫌でバイト先の倉庫に泊まる事にした。

一方尚は、どうしても真司に会いたくてバイト先に行くが真司の事を気遣った木村は、尚に真司は居ないよと言って追い返した。

尚は、真司にメールを送ったり待ち合わせ場所を伝えて待ったりもしたが一向に返事はなく、尚は真司との思い出の居酒屋で1人飲んでいた。

そして後日、真司から尚宛に宅急便が届いた。きっと真司は、尚と別れても尚の事を忘れる事なく尚の事が描かれた小説を書いて出来上がった小説を尚に送ったんでしょうね。

ここからは私の予想ですが、尚は嬉しくて真司の家に向かおうとするが、真司のアパートからは全ての荷物が撤去されていて真司の姿はなかった。

それから半年が経ち、尚と真司はまた会う事になった。

尚は、真司に想いを伝えて真司も尚の気持ちを受け止めて2人は結婚する事にした。

私的に1番気になるのが、真司が書いた小説のタイトル。

最初は、脳みそとアップルパイだったけどこの感じ的にタイトルはやっぱり、「大恋愛」なんじゃないかなって思います。

果たして真司が書いた小説は、どんなストーリーなのか?4話1章が終わりという区切りになるそうです。5話からは第2章ということでどういう展開になるのか、楽しみですね!
スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 大恋愛
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.