2018秋ドラマ 大恋愛

大恋愛最終話失踪した尚は見つかる?真司や恵一薫の事も忘れていた?

更新日:

大恋愛最終話失踪した尚は見つかる?真司や恵一薫の事も忘れていた?

大恋愛9話のあらすじはこちら♪

いよいよ大恋愛も最終回です。家を出て行った尚はいったいどこへ行ってしまったのか?

大恋愛最終話は12月14日(金)15分拡大スペシャルで夜10時から放送です。

スポンサーリンク

大恋愛最終話あらすじ

家族に何も告げず、手紙と携帯電話を残し姿を消した尚(戸田恵梨香)。真司(ムロツヨシ)は警察に相談するが、事件性が確認できないため動けないと言われてしまう。薫(草刈民代)と侑市(松岡昌宏)も駆けつけ、病院にも尚の行方を確認するが情報はなく…。
真司は、自分が怒鳴ったから尚が混乱してしまったのではないかと自分を責める。

それから8ヶ月。

未だ見つからない尚の消息を案じ、テレビの行方不明者捜索番組で、薫が情報提供を呼びかけることに…。

“10年間の愛の物語”がついに完結!
ラストに起こる温かな奇跡をお見逃しなく!!

引用:大恋愛公式サイト

スポンサーリンク

大恋愛最終話失踪した尚は見つかる?

尚は、真司と恵一が寝ている間に書き置きを残し荷物や結婚指輪、携帯など全てを残して出て行った。

真司は、尚の母・薫(草刈民代)や井原侑市(松岡昌宏)に連絡し心当たりがあるとこは全部探すも、尚の居場所は分からず8ヶ月が経っていた。

真司は、恵一に尚はアンジェリカ星に行ったんだよ〜などと恵一を寂しくさせないように何とか過ごしてきたが、恵一が尚を求める姿を見て真司は胸が痛くなった。

もうこれ以上尚を探さない方がいいのかなとも迷った真司だったが、尚が居ないのはとてつもなく寂しく会いたいという気持ちでいっぱいだった。

そして薫は、テレビの行方不明者捜索番組で尚を探してもらうように呼びかけた。

すると尚が見つかったと連絡があり、真司は急いで尚に会いに行った。

真司や恵一薫の事も忘れていた?

尚は、もう真司の事を一切覚えていなかった。

そして尚の荷物を渡され、その中には真司が書いた小説3冊とビデオカメラがあった。真司は、ビデオカメラの中身を観るとそこには尚が映ったものがありそれを見た真司は涙を流した。

そして真司は尚に会いに行き、尚に自分が書いた小説を読んであげたり恵一に会わせたり、薫や侑市達にも尚を会わせるが、尚は覚えていなかった。

母である薫でさえも覚えていなくて、薫は尚の姿を見て思わず泣いてしまった。

尚が真司を思い出したのは、ほんのわずかな時間だけだったが真司はそれでも尚を愛し、尚の事を書いた小説は「大恋愛」と題して完結した。

大恋愛最終話見どころ

尚が真司と恵一の前から姿を消して、それから8ヶ月も見つける事が出来なかったのはびっくりしました。

真司は、恵一を連れて尚との思い出の場所である神社へ行き尚が来るのを毎日待っていたんですね。

やはり真司もこの神社に来るかもしれないって思ったんですね。

でも尚が現れる事はなく、尚は全く別の場所で生きていたんですね。

8ヶ月も会っていないとなると、いくら自分が大好きだった人でも自分が痛い思いして産んだ我が子でも忘れてしまうんですね。

真司と恵一に会っても全く思い出す気配もなく、初めましてと言ったここのシーンはさすがに胸が痛くなりました。

恵一も子供だしいくら真司に尚にお母さんって言ったりしたらダメだよって言われても、普通お母さんって言っちゃいそうなのにお母さんと言わなかったシーンは見ていてつらかったです。

正直な事言うと、もし自分がアルツハイマーになったら子供に誰?お名前は?いくつ?なんて言いたくないので、絶対に探さないでほしいかも・・。

でも尚が真司に小説を読んでもらって、一生懸命生きるので宜しくお願いしますってところを思い出したのは、びっくりしましたね。

私も覚えていたので音読していたらまさかの尚が言うので、もうびっくりしちゃいました。

1番よかったのが、大恋愛というタイトルが最後の最後に完結で使われたのが感動します。

大恋愛の見逃し配信はこちら>>

大恋愛最終話を観た感想

確かに色々とつっこみどころはありますよね~ 頼まれたからとはいえテレビで公開捜索されるまで通報しなかった医師とかね。

尚からもらった5000万はどうなったんだろう?とかそこが気になりましたね。

あと侑市の新薬が認められそうな方向になった、ノーベル賞ものだぞというニュースがありましたが、あと数年早ければ・・と。

松尾公平も病気が進行していて、真司のことも覚えていませんでしたね。尚はあっさり肺炎で亡くなってしまったけど、公平は病気ながらも長生きするのかな。

真司が編集者の水野に「私ずっと先生のそばにいてもいいですか・・?」と言われて「 お答えできません」と答えるシーンもドキリとししました。

きっと真司の心の中にはずっと尚が住み続けるんだろうけど、尚が以前”私の遺言だと思って” とも言っていたし水野といつかくっつくと言う展開もありなのかなとそこまで妄想してしまいました。

恵一君が本当はお母さんって呼びたいはずなのに、ぐっと我慢して「恵君でいいよ!」と無邪気に言ったシーンは本当に号泣ものでした。

最終話はもう涙腺が崩壊しましたね。

それと若年性認知症についても考えさせられた良いドラマだったと思います。

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 大恋愛
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.