ウオーキングデッド 海外ドラマ

ウォーキングデッドのカールの手紙!ニーガンとの出会いと関係について

更新日:

先日ウォーキングデッド シーズン8 第10話が放送されましたね。

その中でカールはニーガンにも手紙を書いていました。

今回は、カールとニーガンの関係について振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

カールの手紙

カールってなんて凄いんだって改めて思いました。

そしてカールの死をリックから聞いたニーガン。

彼もショックを受けていましたね。

あの時のニーガンの顔は今まで見たことがない顔でした。

ニーガンはカールの事を気に入っていましたから。

スポンサーリンク

カールとニーガンの出会い

カールが初めてニーガンと対面したのは、シーズン6の最後です。

追い詰められ、行き場のなくなってしまったリック達の前にニーガンが現れます。

その時、ニーガンと初めて出会います。

そしてニーガンはカールの腕をベルトで巻きリックにカールの腕を切るように命じます。

リックが出来ずにいるとカールは「やっていいよ。」とリックに向かって言うのでした。

こんなショッキングな出会いがカールとニーガンの初めての出会いでした。

しかしまだこの時はニーガンはカールに対してそれほどの思いはありませんでした。

ではいつニーガンはカールを気に入ったのでしょうか?

1人で聖域に乗り込んだカール

グレンとエイブラハムを殺され、ダリルを連れて行かれたカールはニーガンがいる聖域に乗り込みます。

そして機会があればニーガンを殺そうと考えていました。

聖域に乗り込んだカールはニーガンに見つかってしまいますが、ニーガンはカールに聖域の中を案内します。

包帯を外させられたり、歌を歌わさせられたり、脅されたりと、聖域でカールは色んなことを経験しますが、カールがニーガンのことを恐れなかったので、ニーガンはカールの事を気に入ったのでした。

そしてカールをアレクサンドリアに無事に送り届けます。

恐れずに1人で聖域に乗り込んできたカールのガッツをニーガンは気に入ったんですね。

ニーガンはそれをカールにも伝えています。

この時からニーガンのカールを見る目が変わったのでしょう。

スポンサーリンク

アレクサンドリアでカールと過ごすニーガン

カールをアレクサンドリアに送り届けたニーガンはそのままカールの家に向かいます。

そしてカールと一緒にスパゲティを作り、リックを待っている間に食事をします。

カールは聖域に乗り込んできてニーガンの部下を殺したのに、ニーガンはカールを殺しませんでした。

でもその後アレクサンドリアでリックを裏切り、ニーガン側につこうとしたスペンサーはあさっりと殺してしまいます。

この違いは一体なんなのでしょう?

それはカールの強さですよね。

そこがニーガンがカールを気に入った1番の理由です。

スペンサーは簡単に仲間を裏切ってしまう弱い人間でした。ニーガンは弱い人間は嫌いなんです。だからスペンサーは殺されたんです。

シーズン8 の第8話でもそのカールの強さが現れます。

リックの代わりにカールはニーガンと話をします。

その時ニーガンが誰か1人を殺すと言います。

するとカールは自分を殺せと言います。それで全てを終わらせられるなら、自分を殺せと言うのです。

ニーガンはカールのその話を聞いて感動していましたよね。

カールにはそんな強さがありました。

だからこそ、カールの死を知ったニーガンは本当に悲しかったんでしょう。

自分たちの仲間がカールを殺したのか?とも聞いていましたから。

カールは未来だったとも言ってますよね。

それだけニーガンはカールに何か期待しているものがあったのだと思います。

いなくなったカール

しかしもうカールはいなくなってしまいました。

カールはにリックにもニーガンにも戦いを辞める事を伝えています。

そして共存してほしいと願っています。

カールの気持ちを知った今、リックとニーガンはどうするのでしょうか?

このまま戦いが終わるとは思えませんが、カールの思いを何処かに忘れずに持っていてほしいです。

スポンサーリンク

-ウオーキングデッド, 海外ドラマ
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.