2018秋ドラマ 僕らは奇跡でできている

僕らは奇跡でできている9話一輝は育美が好き?樫野木との衝突

更新日:

僕らは奇跡でできている9話一輝は育美が好き?樫野木との衝突

僕らは奇跡でできている8話のあらすじはこちら♪

今回は一輝のラブモードかな?樫野木教授との関係も見どころ!

僕らは奇跡でできている9話は12月4日(火)夜9時放送です。

スポンサーリンク

僕らは奇跡でできている9話あらすじ

山田(戸田恵子)との生活も日常に戻り、一輝(高橋一生)は水泳を始める。大学でも、鮫島(小林薫)に代講を任され、沼袋(児嶋一哉)と言葉を交わすなど、周囲との関係を深めていくが、樫野木(要潤)だけは一輝を快く思っていない様子。

離れて暮らす娘から元妻に恋人がいると聞き、焦っていたのだ。

一方、進路相談という名目で一輝と2人きりになった琴音(矢作穂香)は、「つきあってほしい」と告白。一輝は断るが、ムキになった琴音は、育実(榮倉奈々)のことが好きなのではないかと問い詰める。

思いもよらない問いかけに、うまく答えられない一輝。初めて育実に対する自分の気持ちを考えるものの、答えの出ない一輝は、育実に相談。

すると育実は、急に一輝を意識し始めて…。

そんな中、部屋にヤモリが現れパニックになった育実は迷った末、一輝に助けを求めることに。部屋にやってきた一輝と2人きりになった育実は…?

そして一輝も、ある答えにたどり着き、育実に伝えようと決意。

同じ頃、一輝はひょんなことから樫野木の娘・香澄(矢崎由紗)と顔見知りに。フィールドワークの話を興味深く聞いていたことから、一輝はもっと話を聞かせたいと樫野木に声をかける。

元妻の再婚話に動揺する樫野木は、自分が離婚する原因になったフィールドワークについて楽しそうに話す一輝を見て、いら立ちを隠せない。そしてついに感情が爆発し、一輝に強烈な一言を浴びせてしまい…。
引用:yahoo!テレビ 

スポンサーリンク

僕らは奇跡で出来ている9話、樫野木との衝突

水泳を始めタコを食べられるようになった一輝はある日生徒の琴音から告白され困惑する。その事を家に来た育実に話し育実の事が好きなのか?と聞かれた事を伝えると育実は返答に困る。

そんな時育実の自宅にヤモリが出て一輝が捕まえる事になる。そこでゴキブリの話しになり、思いがけず一輝の背中にしがみついてしまう育実。

何となく異性として意識し始めた育実をよそにサッサと帰る一輝。

次の日人の気持ちに言葉をつける事に興味が出た一輝は、育実に対しての気持ちが分かったと話し出す。

育実は一輝から「面白いです」と言われ、告白では無かったと困惑してしまう。

樫野木との衝突

次の日、急用の出来た樫野木に代わり娘の香澄の相手をする事になり、フィールドワークの話しで仲良くなる二人。

樫野木先生がかつては、楽しそうにフィールドワークをしていた過去を知り、その話を目をキラキラさせながら、樫野木先生に話す。

すると、樫野木先生から帰ってきたのは、相川先生を罵倒する言葉。

大学で香澄からの電話でフィールドワークをしていた頃が一番カッコ良かったと聞かされイラついていた樫野木はつい一輝に黙れよ!と怒鳴り、一輝の存在が迷惑なんだよ、生徒達に悪影響なんだよと、言ってしまう。

みんながみんな、あなたみたいにしたいことをしているのではないと。あなたがいることで、生徒達にも悪影響で迷惑だと。

一輝は帰りますとだけ言って帰ってしまうのだった。鮫島からイラついていた理由は向き合わないといけない事が別にあるのでは?と指摘される。

次の日一輝は大学には現れず思い詰めた表情で森に出かけていたのだった…。さて一輝はこのままやめてしまうのでしょうか。

僕らは奇跡で出来ているの見逃し配信はこちら>>

僕らは奇跡で出来ている、一輝は育美が好き?

一輝が、水本先生のことをどう思っているのかというのが、第9話の大きなテーマです。

一輝が琴音から告白を受けて、山田からもしつこく育実の事をどう思っているか尋ねられ一輝は、水本先生のことをどんな存在か考えていくことになります。

そして一輝が出した答えは、好きでも嫌いでもなく、水本先生は、面白い!ということ。

育実に対して一輝かどう思っているかを言うシーンが育実はてっきり告白されると勘違いしてしまうのですが、最終的に面白いと言われてしまい、キョトンとします。

好きでもなく嫌いでもなく、面白いと言う感情、そのままをわざわざ待ち伏せして伝える場面が相川先生らしくてとても印象に残りました。今回の9話のメインシーンだと思います。

一輝の水本育美に対する話を聞いていると、それはもはや一般的には好きだと言っているに等しい内容です。

一緒にいて楽しくも悲しくもなる相手、それでも面白いと思う相手は普通だと好きだと言うことだと思います。

それを一輝らしくただ面白いと伝えるところが、このドラマの脚本らしくてその言葉じりが素晴らしかったです。

そして、その話をしているときの二人の表情がとても上手くて見入ってしまいました。

僕らは奇跡で出来ている10話の予想

はやくも最終話だと知り、ここ数回で面白くなってきただけに残念です。最終回予告では、相川先生が大学を去る話が中心にされていました。

そこも興味はありますが、相川先生と水本先生が実際に付き合うのかそれとも今のままの曖昧な状態で終わらせていくのかも大変興味深いです。

一輝は大学を休みフィールドワークをしながら、樫野木に言われた事を自分なりに考えて一つの答えを出した。

大学に戻った一輝は鮫島に大学を辞めて嫌な事や辛い事に自ら飛び込んで、以前祖父に言われた自分の中にある光で包み込めば自分はもっと大きく無限大に成長出来ると考えた事を伝える。

生徒達はそれを知り育実に思いとどまる様に説得を頼むが…。その頃樫野木は鮫島にフィールドワークを止めた本当の理由を話していた。

それは樫野木自身が家族の為に止めたのでは無く、いつの間にかフィールドワークが楽しく感じられなくなり、好奇心が薄れてしまい止めた事を告白する…。だから一輝が羨ましく見え、嫉妬していたのだった…。

結局、相川先生と水本先生との関係は今のままで終わり、相川先生は大学を辞めてまたフィールドワークに専念すると言うストーリーで終わるのではと予想します。

僕らは奇跡で出来ている10話のあらすじとネタバレはこちら>>

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, 僕らは奇跡でできている
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.