ウオーキングデッド 海外ドラマ

ウオーキングデッドのベス役の女優がかわいい!消えないダリルとの噂?

更新日:

ウオーキングデッドでいまだに人気のベス。演じている女優さんが可愛い!という声が多いですね。

またダリルとの仲も憶測が飛び交っています。撮影現場で仲が良かった・・というのが出どころのようですが。

日本ではドラマや映画の番宣のために”話題作り”することがありますが、海外ドラマはどうなのでしょう?

スポンサーリンク

ベス役のエミリー・キニーとは?

ベス役のエミリー・キニー

1985年8月15日生まれ、アメリカ出身の女優、歌手です。

シーズン2から登場して、シーズン5で死亡してしまいましたが、カールに引けを取らないくらい成長したキャラクターを演じてくれました。作品中ではおそらく16歳前後の女の子を演じていますが、なんと実年齢は現在32歳とかなりのお姉さんだった衝撃(笑)

でも確かにかわいい!

そんなエミリーですが、実は女優業の他にも、歌手として活動しており、ライブはもちろんCDも出している本当に歌姫なんですね。ドラマの中で度々歌うシーンがあったのはそんなエミリーならではのシーンだったのでしょう。

気になる方は歌の方もチエックして下さいね。伸びのあるハイトーンボイスがとってもキュートですよ。

ダリルとベスの噂とは?

ドラマの中での二人のシーンでも話題になりましたが、ダリル役のノーマンとはプライベートでも仲睦まじい様でファンとしては純粋に嬉しいです。

インスタグラムにもたびたび寄り添う姿がUPされており、ファンはドキドキしちゃいます。ベスが死ぬことが分かった時も、ノーマンが電話をかけて励ました後日談はほっこりしてしまいます。

出典:twitter.com

ただあまりにもその仲睦まじい写真などから

ダリルとベスってできてるの?

相思相愛?

などという噂が絶えませんでした。その辺もベスが亡くなった=エミリー・キニー降板の理由ではないかと勘繰る声もありますね。

食事しているのをパパラッチされたことがあるそうですが、食事くらいで”できてる”なんて言われたら・・まあ美男美女で絵になるしほんとに付き合ってても違和感ないですが。

ベスの最後

ベスはハーシェルの末っ子で、マギーとは腹違いの姉妹にあたりますが、とても仲のいい姉妹です。

シーズン2では母親はすでにウォーカーになっており、理解出来ない不安定な精神状態の少女で、自殺を図ったりもしていましたね。ですがシーズン4では沢山の成長を遂げました。

恋人のザックの死から始まりましたが、その死を伝えられた時の彼女のセリフにビックリ!

「OK」ってカッコいいのか?あっさりし過ぎているのか?

とにかく強さを身に着けたんだなって事が現れているシーンでしたね。妊娠していたローリの死からジュディスの子守を担当するようになり、グループの中では段々信頼されているキャラに成長しました。

しかしシーズンの最終話では総督に父親であるハーシェルを殺されてしまいます。

ハーシェルの死も世界中のファンが悲しみましたが、主要キャラの死とともに歩んでいるウォーキングデットなので致し方ない結末と言えます・・・。

シーズン5では、一緒に刑務所から脱出したダリルと行動を共にします。

個人的に好きなシーンはダリルとベスが語り合い、ベスが歌うシーンです。激しい戦闘シーンが多い中で、とても落ち着く穏やかなシーンだったので大好きです。もしやダリルと恋愛関係になるのでは?と思うほど素敵なシーンでした。

ベスにとっての最後のシーズン5ではグレディ記念病院のシーンが主になります。

警察官が管理する病院なので、ここからの展開がどうなるのか、とても楽しみでもあり、疑問でもありましたが、まさかの最後に殺されてしまうとは想像も出来ませんでした・・。

マギーと再会させてあげたかったのに、もう一歩の所でドーンに殺されてしまいましたね。

もうマギーの歌声を聞けないと思うと大変悲しいですが、少女から女性への変化を上手に演じてくれたエミリー、素敵なベスをありがとう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ウオーキングデッド, 海外ドラマ
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.