2018秋ドラマ あなたには渡さない

あなたには渡さない5話多衣と笠井の関係!通子の決断に旬平が失踪?

更新日:

あなたには渡さない5話多衣と笠井の関係!通子の決断に旬平が失踪?

あなたには渡さない4話のあらすじはこちら♪

旬平と多衣にずっと騙されていてのけ者にされていたことに怒り狂う通子は、とうとう多衣にその怒りをぶつけます

スポンサーリンク

あなたには渡さない5話あらすじ

多衣(水野美紀)への復讐のため、通子(木村佳乃)は彼女を薪能を観るための一泊旅行に誘い、二人で会場へ。

途中で突然席を離れた多衣を探す通子は、少し離れた場所に、思いがけない人物を見つける。笠井(田中哲司)が、離婚したはずの妻といたのだ。それを見てさらなる怒りに震える通子。

そして、旅館に向かうと、先に客室の中に入っていた多衣に向かって「脱ぎなさい」と告げ…!通子の思惑とは?多衣の反応は? そして、多衣が通子のために用意した6000万円の出どころが、初めて明らかになる――!

 全てを知った通子は、その足で笠井のもとへ。彼にも、どうしても確かめたいことがあったのだ。

そして後日、自分の料亭『花ずみ』の今後の展開について通子は従業員たちに、驚きの報告をする。さらにその決断を聞いて驚がくの表情を浮かべる旬平(萩原聖人)が、ある行動に出て…!?

引用:あなたには渡さない公式サイト

スポンサーリンク

あなたには渡さない5話ネタバレ

あなたには渡さないの予想ネタバレです

通子はとうとう多衣に怒りをぶつけます。通子は勝波を買い取る5000万円を大角六扇から絵のモデルをすることで引き出すつもりでしたが、六扇の急死であてが無くなりました。

しかし通子は勝波を買い取る事は諦めておらず、多衣に5000万円を算段させる腹積もりでした。

通子は多衣を使い笠井から5000万円を借りようと思っていましたが、花ずみを始めるときの6000万円がすでに笠井から借りられていたことを知り愕然とします。

多衣に5000万円の金策をさせることはできませんでしたが、通子は勝波銀座店を花ずみとして、そして女将としてやっていくことになります。

旬平が板長ですが、通子は従業員達に驚きの提案をします。

前田と八重を店の従業員として雇い入れるというのです。もちろん皆反対します。通子は世間の噂なんて吹き飛ばそうと話しますが、旬平は猛反対し出ていくことになります。

あなたには渡さないの見逃し配信はこちら>>

あなたには渡さない5話あらすじ

スポンサーリンク

上島通子(木村佳乃)は、上島旬平(萩原聖人)と矢萩多衣(水野美紀)が既に結婚している事を知り、通子は多衣を誘って薪能を観に一泊旅行へ行った。

通子はここで多衣に復讐すると覚悟を決めると、多衣が途中で旅館へ戻ると席を立った。

通子は、多衣が逃げたと思い探すと偶然にも笠井芯太郎(田中哲司)を見つけた。

だが笠井が一緒に居たのは、離婚したはずの奥さんだった。通子は笠井にも嘘を付かれ騙されていたんだと思い通子は急いで旅館に戻った。

多衣と笠井の関係

そして通子は、多衣に脱げと言い多衣の裸を見て笠井と寝てほしいとお願いします。すると多衣は、あの人はもう私とは寝ないと思うと答えた。

花ずみを新しくやると言って通子が多衣に6000万円を借りた時、多衣は既に笠井と寝ていたのだった。

多衣は、これまで旬平を失うのが嫌で通子に負けるのがどうしても嫌で、自分の体を売ってでも6000万円を作り貸したとこれまでの事、全てを通子に話した。

通子は全てを知ったうえで、笠井に会いに行きもう会わないと笠井に伝え通子は仕事に専念します。

旬平が失踪?

結局、多衣の体を使って笠井から5千万円を借りる算段はできなくなりましたが、通子は多衣に提案をします。今の花ずみを多衣に買い取ってもらう、銀行から融資を受けてほしい。そして通子と多衣と旬平の3人で会社を作って共同経営者としてやっていきましょうと言います。

2人はうまく手を繋ぐことができ、多衣は花ずみを、通子は社長として勝波を花ずみ銀座店として新たにやっていくことになります。

旬平は手をつないだ2人に対して、自分は捨てられたようなものだと意味深な言葉を呟いていましたが、それでも板長として働いていました。

そこへ、通子は前田と八重を連れてきます。2人に働いてもらいたいと言う通子に旬平は大反対します。

この二人が何をやったかわかってるのか?

通子は旬平の反対には耳を貸さずに自分の決定を押し切ります。 前田と八重は事件は示談になりやり直したいと思っていました。店がオープンしてから刃傷沙汰があったと興味本位で来た人もいるが、前田の料理の腕は 確かで好評だった。

しかし旬平は、ある朝探さないでほしいと書き置きをしていなくなります。まさかの旬平が姿を消してしまい、連絡も居所も掴めず1年半が経過します。

旬平が好きなのは・・

今回の見どころはやっぱり、これまで謎だった事が全て明らかになったとこですよね。まさか多衣がここで全てを打ち明けるなんて思ってもいませんでした。

6000万円を笠井から借りたのは、前々回で薄々そうなのかな?とは思っていましたが旬平が多衣ではなく、通子が好きだから別れてほしいって多衣に言っていたなんてびっくりしました。

旬平が好きだったのは・・

これまでの旬平を見ていて、旬平は誰が好きなのかとても謎に思っていましたが何だかんだ通子の事が好きだったんですね。

通子が多衣に6千万円を借りに行く前の日に旬平は多衣に電話で別れてほしいと話していました。「自分が愛しているのは通子なんだ」多衣は旬平を手に入れたい必死の思いで笠井と寝て6000万円という大金を用意したのでした。

通子は、そのこと嘘よと言いますが、多衣は「必死の思いで6000万円という大金を用意した、私にはもう何もない、あなたしかいないんです。私はあなたの奥さんにしてください。」と旬平にすがりついて泣いていたのでした。

旬平は通子が婚姻届けを多衣に売りつけたこと、そして多衣の気持ちを汲み婚姻届を出す決意をします。

多衣は旬平を失うのが嫌で、自分の体を犠牲にしてまでも旬平を自分の物にしようとするなんて、多衣もやっぱり強いですね。

しかもそれを全て通子に話すなんて、これまでの多衣を見ていると全く予想もしなかった展開でした。

だが油断は禁物という言葉もありますから、多衣には他にも何かあるのではないかと私は考えています。

全てを話して多衣はすっきりし、通子も全てを聞けたからこそ通子と多衣はここで初めて手を握り合う事が出来た。

だがこのままこの2人がいい関係で居られるとは、正直全く思わないですしこの先にも何か隠し事や裏があるのではないでしょうか?

そして通子のやり方に不満を感じたのか、それともただ単に逃げ出したかったのか、旬平は忽然と姿を消しましたがどこにいったんでしょうか?

多衣が妊娠!父親は一体誰?

旬平が突然居なくなってから1年半が経過した。

花ずみ本店では、旬平の下で働いていた矢場俊介(青柳翔)が務め銀座店では多衣が女将として働いていた。

そんな中、通子は誰よりも早く多衣の体調に気付き妊娠してるんじゃない?と言った。

だがそんな時に笠井から旬平の居場所が分かったと連絡を受け、真っ先に多衣に報告するも多衣は迷惑だとまさかの返答が返ってきた。

通子は、多衣の反応といい、笠井の会社に贈賄疑惑が掛かっているという雑誌記事を見つけたことなどで気が動転し、気が付くと旬平が働いていると聞いた店へ来ていた。

そして予告では、多衣がまた1話の時みたいな顔を見せ通子に話すシーンがありますがまだ何か裏があるのか?

そして多衣は、妊娠したかもしれないという疑いがあるがお腹の中の赤ちゃんの父親は一体誰なのか?

旬平?それとも笠井?まさかの矢場?

私は意外にも矢場の子ではないかと考えています。まず間違いなく多衣と矢場は、できていると思います。

矢場は確実に多衣に惹かれているような目で、多衣を見つめていますし多衣みたいな女は男はころっと騙されやすいかと思います。

ただ多衣の妊娠は嘘で、全ては演技でした〜なんて事もあり得るのでそもそもほんとに妊娠しているのかも謎。

だが妊娠していたとしたら誰との子供なのか、めっちゃ気になりますしもう楽しみで仕方ありません。

 

あなたには渡さない6話のあらすじとネタバレはこちら>>

スポンサーリンク

-2018秋ドラマ, あなたには渡さない
-

Copyright© ドラマや映画のネタバレ・動画見逃し配信とDVD発売情報 , 2019 All Rights Reserved.